熊本藩細川家下屋敷跡(歌舞伎座)

マーカーは歌舞伎座です。

関連リンク – 熊本藩細川家上屋敷跡(丸の内オアゾ・丸の内北口ビル)熊本藩細川家中屋敷跡熊本藩細川家下屋敷跡(歌舞伎座)熊本藩細川家下屋敷跡熊本藩細川家下屋敷跡(永青文庫)熊本藩細川家抱屋敷跡(肥後細川庭園)清正公寺(熊本藩細川家下屋敷跡)熊本藩細川家下屋敷跡(六万坪)熊本藩細川家下屋敷(平井新田塩浜跡)

[木挽町二丁目から三丁目にかけての土地は、寛永図以来ずっと京極主膳もしくは京極主膳正の名が記されている。京極主膳正は丹後峰山藩の藩主である。「藩邸沿革」に、
『上屋敷 木挽町
拝領年月日不詳。唱替天明八(1788)年六月廿八日、坪数六八六六坪。
文化九(1812)年十二月二十九日、三三三一坪を井伊兵部少輔え
文化十一(1814)年六月二十二日、曲渕甲斐守拝領屋敷木挽町一四五〇坪の内二〇〇坪京極周防守え
文政十一(1828)年十二月二十八日、西尾壱岐守(西尾忠善)下屋敷木挽町六七九坪余京極上総介え、同人中屋敷同所三五六二坪西尾隠岐守え、相対替』
と記してあるから、文政十一年十二月二十八日に西尾隠岐守に譲渡してこの地を去ったのであった。  (「36.切絵図考証二三 安藤菊二(PDFファイル:1561.79 KB)」より)]

国際日本文化研究センター – 武州豊島郡江戸庄図(寛永年間ヵ・1624-1643)」(絵図四つ切左下・紀伊国橋下、紀伊大納言様御蔵屋敷左に京極主膳(京極高通)屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 七」(コマ番号40/147「延宝年中(1673年-1681年)之形」からコマ番号46/147「文化五(1808)年之形」まで、左ページ右に京極備後守、主膳正、備前守、周防守と記述されています。コマ番号49/147「文化十一(1814)之形」で京極周防守敷地左部分が大久保加賀守(大久保忠真)と記述されています(井伊兵部少輔からの屋敷替えか?)。コマ番号51/147「文政十一年(1828)之形」で京極周防守が西尾隠岐守となっています。コマ番号53/147「安政三(1856)年之形」で大久保加賀守が細川越中守(細川斉護)となっています。)

細川護久
[細川 護久(ほそかわ もりひさ)は、天保10年(1839年)3月1日、肥後国熊本藩10代藩主・細川斉護の三男として誕生。幼名は義之助(よしのすけ、美之助とも)または澄之助(すみのすけ)、のち父より1字を受け護久と名乗る(初め長岡姓)。
父から藩主を継いでいた次兄・慶順(のちの韶邦)の名代的役割を担っており、文久3年(1863年)9月に上洛して以後は、前年に京都護衛のために上洛していた実弟の長岡護美と共に国事に奔走している。幕末期においては、幕府の首脳である松平慶永(春嶽)や松平容保らと共に公武合体に尽力したほか、藩主・慶順に代わって、細川内膳家の長岡忠顕(ただあき)らと共に朝廷との交渉役も務めたという。
慶応2年(1866年)、兄・慶順(生まれた子は全て夭折)の世子(養嗣子・後継者)となり、同2年12月5日(1867年1月10日)、15代将軍として徳川慶喜征夷大将軍に就任すると、熊本藩主の慣例に則ってその偏諱(「喜」の字)を賜い、喜廷(のぶたか)と改名した。しかし、この後慶応3年(1867年)頃からは藩主の名代として朝廷や幕府首脳らと関わる機会が増え、次第に明治新政府寄りの姿勢を見せるようになる。
慶応4年(1868年)1月3日の鳥羽・伏見の戦いでは砲火を掻い潜って旅装のまま御所へ参内しこれを護衛したという逸話も伝わっている。それからまもなく新政府より同月12日には議定、17日には刑法事務総督に任命され、同年4月23日、新政府側に与する確固たる意思を示すため、兄・慶順の「韶邦」への改名に倣って、名を喜廷から護久に戻した。翌明治2年(1869年)3月には参与に任命されるが5月には病気を理由に辞職している。更に翌年の明治3年(1870年)5月8日、兄・韶邦が隠居(理由は病気であったとも、もともと佐幕派であったこともあり新政府との関係があまり良くなかったためともいわれる)すると、世子であった護久が跡を継いで知藩事となった。
護久は弟の護美を重用し、藩の諸式・諸法律の改変、藩士の解雇や俸禄の削減、領民に対しての免税や封建制度の撤廃など、当時としてはかなり進歩的な藩政改革を行なった。一方で体制一新のため、早くから新政府に廃藩を提言した。明治4年3月と同年5月の2度にわたって知藩事免職を願い出た。明治4年(1871年)7月14日の廃藩置県で免官、同年に白川県(現在の熊本県)知事となる。
明治10年(1877年)に起きた西南戦争では、戦禍に遭った人たちの扶助に尽力したという逸話も伝わっている。  (wikipedia・細川護久より)]

[歌舞伎座(かぶきざ)は、東京都中央区銀座四丁目にある歌舞伎専用の劇場である。火災や戦災に遭うなど様々な変遷はあったが、今日に至るまで名実ともに代表的な歌舞伎劇場として知られる。
歌舞伎座は、明治演劇改良運動の流れを受けて開設された。この運動の提唱者の一人でジャーナリストの福地源一郎(福地桜痴)と金融業者の千葉勝五郎の共同経営で、1889年(明治22年)、東京市京橋区木挽町に開設された。
歌舞伎座は大正時代から松竹の直営で経営を行ってきた。4度の立て直しが行われ2014年現在のものは5代目のものである。「株式会社歌舞伎座」が劇場を所有している。
2013年2月26日に、オフィスビルと併設された歌舞伎座の建て替えが完了し、3月27日・28日の2日に渡って開場式が行われ、4月2日から1年間、こけら落とし興行が行われた。  (wikipedia・歌舞伎座より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図」[嘉永2年(1849年)絵図中央の左側に細川越中守(細川斉護)下屋敷が描かれています。]

東京都立図書館アーカイブ – 京橋南芝口橋築地鉄砲洲辺絵図(嘉永6[1853])」(絵図中央右下に細川越中守(細川斉護)下屋敷が描かれています。]

歌舞伎座 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が歌舞伎座(三河西尾藩中屋敷跡)です。

歌舞伎座前・夜のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*