すき焼き 今半

マーカーはすき焼き 今半です。

すき焼き 今半
[初代 相澤 半太郎 (1877-1933)
岡山出身、馬喰(ばくろう)をはじめ、日清戦争のころ日本軍の物資として缶詰等の扱いにより、財を成した。その後上京し、明治28年に割烹業をなした。大正時代に当時もっとも賑わう浅草の仲見世右裏に店を構えた。
大正12年の関東大震災により、建物が倒壊ししてため、昭和に入り再建し、その当時の建築技術の粋を集めた建物はのちに今半御殿と言われた。その賑わいで「今半で景気を占う」と言われていた。
夢をかなえ興業士としても浅草の華やかな時代に貢献し、成功おさめた初代半太郎は、昭和8年8月療養中の箱根にて58歳にして他界した。
「今半」の由来
屋号の「今半」について、初代半太郎の「半」であることは、間違いありません。「今」については諸説御座います。
1.「今様(いまよう)」新しいという意味、文明開化の最先端の食べ物を扱っているという「今」
2.港区白金にあった「今里村」政府公認の食肉処理場の肉をあつかっているという今里ブランドの安心安全を意味する「今」
3.当時牛鍋が流行していて「今」とつく屋号がたくさんあり、そのうちの一つで修業をしてきたための「今」  (「すき焼き 今半本店ホームページ」より)]

今半本店 (いまはんほんてん) – 浅草/すき焼き [食べログ]

[今半は明治二十八年浅草の地に創業いたしました。現在の新仲見世通りの今半本店が発祥のお店となります。 その後、戦前に暖簾分け制度により、今半別館と浅草ビュ-ホテル並びの今半が独立致しました。 (また、戦後ビュ-ホテル並びの今半と人形町今半が分かれました。)現在はそれぞれ別の経営で営業しております。  (「浅草今半別館:すき焼き、しゃぶしゃぶ、日本料理」より)]

今半本店 – Google Map 画像リンク

すき焼き 今半のストリートビューです。

カメラ東方向が浅草今半別館(台東区浅草2-2-5)です。(今半 別館 (いまはん べっかん) – 浅草/すき焼き [食べログ])

カメラ北東方向が人形町今半 人形町本店(日本橋人形町2-9-12)です。(人形町今半 本店 (にんぎょうちょういまはん) – 人形町/すき[食べログ])

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*