ちんや

マーカーはちんやです。

※ 浅草で140年「ちんや」閉店へ 「密」コロナであだに

ちんや
[昔ながらの、ニッポン人の大好きなニッポンの味が、今もここにあります。江戸時代、弊店は諸大名や豪商に(ちん)などの愛玩動物を納め、獣医も兼ねていたところから、「狆屋(ちんや)」と呼ばれておりました。その後、明治13年(1880)に料理屋に転じましたが、「ちんや」をそのまま屋号といたしまして、今日まで商いを続けさせていただいております。創業以来、守り続ける伝統的なスタイルのすき焼は、国産黒毛和牛の雌牛だけを使っています。お肉を充分熟成させて、甘口の割下と合わせる独自の調理法は、「おじいちゃん、おばあちゃんが好きな味」。そして多分「ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんも好きだった味」です。「ちんや」は、これからも文明開化の味を世紀を越えて伝えて参ります。どうぞご家族お揃いで、「ちんや」にお出かけください。雷門のすぐ左手、明治の風情が漂う赤レンガのビルが目印です。  (「東都のれん会 – ちんや」より)]

ちんや – 浅草/すき焼き [食べログ]

すき焼 ちんや – Google Map 画像リンク

ちんや前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*