吉原神社

マーカーは吉原神社です。

吉原神社
[当社は吉原遊郭とともに歩んできた神社です。吉原遊郭は元和3年(1617)、幕府の許可を得て庄司甚右衛門が江戸市中に散在していた遊女屋を日本橋葺屋町(ふきやちょう)の東隣(現在の日本橋人形町周辺)に集めたことにはじまります。この地には葦(よし)が生い茂っており、そこから「葦原」、転じて「吉原」と命名されました。しかし次第に吉原が江戸の中心地になってしまったため、明暦3年(1655)に現在地である千束村へ移転となりました。以後、日本橋葺屋町付近にあった頃の吉原を「元吉原」、移転後の吉原を「新吉原」といいます。
 この「新吉原」には廓の守護神として五つの稲荷社が存在しました。吉原の入口である大門(おおもん)の手前に「玄徳(よしとく)稲荷社(吉徳稲荷社)」、さらに廓内の四隅には「榎本稲荷社」「明石稲荷社」「開運稲荷社」「九郎助稲荷社」がお祀りされていました。
 その後明治5年に、これら五つの稲荷社が合祀され、総称して吉原神社と名付けられました。当初は玄徳稲荷社旧地にお祀りされていましたが、関東大震災にて焼失。震災後は水道尻付近の仮社殿にてお祀りしていましたが、昭和9年に現在地へ新社殿を造営、そのさい新吉原隣接の花園池に鎮座する吉原弁財天も合祀しました。その後昭和20年の東京大空襲で惜しくも焼失しますが、昭和43年に現社殿が造営されて現在に至ります。  (「吉原神社のご紹介|吉原神社」より)]

吉原神社ホームページ

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図中央に吉原が描かれ、その中に稲荷が三つ描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [45]貮拾貮下」(コマ番号7/10・地図上に吉原が描かれ、吉原の四隅に稲荷が四つと吉原大門前に吉徳稲荷が描かれています。)

吉原神社 – Google Map 画像リンク」、「お穴様 – Google Map 画像リンク」、「逢初桜 – Google Map 画像リンク」、「新吉原花園池(弁天池)跡 – Google Map 画像リンク」、「吉原弁財天本宮 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が吉原神社です。

カメラ南東方向が吉原弁財天です。(Google Maps)

吉原弁財天境内のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*