宝蔵院(寳蔵院)

マーカーは宝蔵院(寳蔵院)です。

宝蔵院(寳蔵院)
[寳蔵院(ほうぞういん)は、金亀山地正寺と号する。開山寛永10年(1633)に没した奝賢、明治の初期まで閻魔堂があったが、火災で失った。所蔵する板碑は、下部が欠けていて、年未詳であるが、阿弥陀三尊種子天蓋瓔珞が施されている。そのほか、元禄4年の願文が納められている木造不動明王近世山水画などを所蔵する。境内には、奝賢を供養するために造られて寛永10年銘の宝篋印塔、一石で造られた一石五輪塔などがある。また、地蔵山墓地(西尾久2-25)の同院管理墓地内には、万治元年(1658)銘ほか、4基の庚申塔が立っている。
 荒川区教育委員会  (「東京都荒川区の歴史 宝蔵院(寳蔵院)」より)]

[ 新義真言宗のお寺です。本尊は、虚空蔵菩薩、近世の山水画、阿弥陀三尊板碑などがあり、元禄4年(1691)の願文が納められている木造不動明王が祀られています。また、この付近一帯は、徳川将軍家の「お狩場」だった所で、当時将軍の馬を繋いだと伝えられる「駒つなぎのイチョウ」があります。画像リンク(寳蔵院山門)  (「荒川区ホームページ – 寳蔵院(ほうぞういん)」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 根岸谷中辺絵図」(絵図中央左方向「田地」左に「寳蔵寺」と描かれています。)

寳蔵院 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が宝蔵院(寳蔵院)山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*