山東京伝の机塚

マーカーは山東京伝の机塚です。

山東京伝の机塚
[江戸後期の戯作者山東京伝・本名岩瀬醒(さむる)、通称伝蔵は早熟の上に多芸多才の人だった。
 山東京伝の名は、生涯のほとんどを過ごした住まいが江戸京橋の南のたもとの新両替町、現銀座一丁目にあったことに由来する。そこが江戸城紅葉山の東方になるので山東庵、京橋のたもとで京橋の伝蔵、京伝というわけである。
 彼は初め、北尾重政に入門して浮世絵を学び北尾政演(まさのぶ)と名乗り、挿絵画家としてデビューした。しかし、やがて著作を主にするようになり、『江戸生艶気樺焼(えどうまれうわきのかばやき)』などの傑作を次々と世に出した。
 寛政の改革時の寛政3年(1791)、31歳のとき、著作が風俗を乱すとして手鎖50日に処せられたりもした。だが、その後も中身を教訓的にするなどして作家活動を続けた。その傍ら、煙草入れの店も開いた。店主京屋伝蔵としての商才も確かなものだったようである。
 文化13年(1816)、56歳で脚気による急性の心臓障害で亡くなり、現墨田区両国回向院に葬られた。その1年後、亡兄を偲んで弟の山東京山が、兄が寺子屋に入門したとき父から買ってもらい、生涯愛用した机を浅草寺の境内に埋め、その上に石碑を建てた。机塚である。
 表面に京伝作の机に込めた思いを綴った『書案之紀』と「耳もそこね あしもくしけてもろともに 世にふる机なれも老いたり」の狂歌、裏面に蜀山人大田南畝撰の京伝の略歴が刻まれている。
 「浅草寺に参詣するする現代人で、京伝の机塚(『碑は現存』。ただし碑面の所々破損)の碑(書案之紀。浅草神社の裏)をおとずれる人はすくない」(小池藤五郎著『山東京伝』=昭和三十六年、吉川弘文館発行)
 台石を含め高さ1.8メートルほどの碑は、今も三社裏の浅草寺境内駐車場にひっそり建っている。  (「大成建設 | ライブラリー – 浅草寺 京伝の 机塚」より)]

[山東京伝机塚の碑
浅草寺
平成元年度登載
山東京伝は、多数の洒落本・滑稽本を著した江戸時代の代表的な戯作者であり、また、北尾政演の画号をもつ浮世絵師としても著名な人物でした。晩年は故事古物の考証にも精力をかたむけ、文化13年(1816)9月56才で没しました。
 山東京伝机塚の碑は高さ143センチメートル、本小松石(神奈川県真鶴産)で造られた石碑です。京伝の没後、弟の京山が造立したもので、表面には京伝が生前に著した愛用の机についての小文を刻み、裏面には京伝の友人であり、当時を代表する文化人でもあった大田南畝の撰による京伝の略伝を銘記しています。
 本碑は、彼の経歴や人間性を知ることのできる第一級の資料であり、江戸文化史上でも貴重な遺品のひとつです。  (「山東京伝机塚の碑 台東区ホームページ」より)]

カメラ東北東方向・イチョウの木の左に「山東京伝の机塚」が建っている。三社権現(浅草神社)の裏手になりますが、設置場所は私有地のようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*