新発田藩溝口家抱屋敷跡

マーカーはカメラ位置です。

関連リンク – 新発田藩溝口家上屋敷跡新発田藩溝口家中屋敷跡

溝口秀勝
[溝口 秀勝(みぞぐち ひでかつ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。越後国新発田藩の初代藩主。
天文17年(1548年)、溝口勝政の長男として尾張国中島郡西溝口村(現愛知県稲沢市西溝口町)に生まれた。幼名を竹丸、のち元服して金右衛門尉定勝と称した。
幼少時より丹羽長秀に仕えたが、天正9年(1581年)に織田信長からその才能を見出され、直臣として若狭国大飯郡高浜城(現福井県大飯郡高浜町)5,000石を与えられた。
天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が横死した後は、羽柴秀吉(豊臣秀吉)に属した。天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦い後、越前国北ノ庄城に入封した丹羽長秀の与力として、加賀国江沼郡大聖寺城(現石川県加賀市大聖寺町)4万4000石を与えられた。
天正13年(1585年)4月、長秀が死去し、その長男・長重が家督を継いで北ノ庄城主となるが、閏8月、若狭に転封となり、代わって北ノ庄城に入封した堀秀政の与力として引き続き配属された(この時、秀吉より朱印状を与えられ、独立した大名となったといえる)。
天正14年11月14日(1586年11月14日)、従五位下・伯耆守に叙任され、秀吉から偏諱を受けて秀勝と改名し、豊臣姓を授与された。朝鮮派兵の際は、肥前国名護屋城を守備した。慶長3年(1598年)、越後蒲原郡新発田城(現新潟県新発田市)6万石を与えられた。
慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは東軍に与し、越後において上杉景勝が煽動する上杉遺民一揆の鎮圧に努めた。戦後、徳川家康から所領を安堵され、新発田藩初代藩主となる。
慶長15年9月28日(1610年11月13日)、新発田において死去した。享年63。自らが開基した新発田城下の淨見寺に葬られた。同寺は後に寺号を「寶光寺」と改称し、新潟県新発田市諏訪町に秀勝の墓所と共に現存する。  (wikipedia・溝口秀勝より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図(嘉永六年・1853年)」(絵図中央・吉原左に六郷筑前守上屋敷右に溝口主膳正(溝口直溥)と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [43]貮拾貮上(安政六年・1859年)」(コマ番号8/10・絵図四つ切左上に溝口主膳正(溝口直溥)借地抱屋敷が描かれています。)

カメラ位置は千束二丁目26地先交差点で、この周辺が新発田藩溝口家抱屋敷跡になると思います。