日輪寺

マーカーは日輪寺です。

日輪寺
[日輪寺(にちりんじ)は、東京都台東区にある時宗の寺院。山号は神田山。本尊阿弥陀如来。この寺はもと芝崎村(現在の千代田区)にあった天台宗寺院。徳治年間(1303年~1308年)この地を訪れた他阿真教が疫病が流行し平将門の首塚の祟りだと怯える村人を見て塚を修復し供養をしたところ疫病が治まり、村人の勧めもあって日輪寺を時宗に改め念仏道場としたという。1590年(天正18年)以降寺地を転々とし、1601年(慶長6年)柳原へ移った。1657年(明暦3年)の大火(いわゆる明暦の大火)で焼失し、浅草の地へ移った。江戸時代は時宗の触頭であり、堀田氏菩提寺であった。 日輪寺がある浅草3丁目はかつて浅草柴崎町だったが、これは日輪寺が柴崎道場と呼ばれていたことに由来する。  (wikipedia・日輪寺_(台東区)より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図四つ切左下・「幸龍寺」左下に「日輪寺」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [43]貮拾貮上」(コマ番号6/10・絵図中央上方向「浅草寺 火徐」右に「日輪寺」が描かれています。)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「誓願寺日倫寺」(16-40)、「神田山日倫寺解説・左ページ左から4行目より」(16-43)
誓願寺日倫寺(拡大図)

[絵右上に日輪寺が描かれています。]

日輪寺 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が日輪寺山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*