東京象牙美術工芸協同組合

マーカーは東京象牙美術工芸協同組合です。

東京象牙美術工芸協同組合
[象牙工芸品を常時展示 ゆっくりご覧ください。
象牙工芸は、奈良時代(8世紀)より国内で行われてきたと伝えられています。その後、種々の道具に用いられ、茶道具などの優れた工芸品として尊重されてきました。
江戸時代には、柔らかな肌触りにより日用品として一般的に愛用され、明治時代以降、工芸技術の研鑚とともに多くの名工を生み、世界的に工芸美術品として認められております。
開館時間 AM10:00~PM4:00(来館の際は必ず電話ください)
休館日 土・日・祝祭日/年末・年始  (「東京象牙美術工芸協同組合ホームページ」より)]

カメラ東方向が東京象牙美術工芸協同組合です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*