東光院

マーカーは東光院です。

東光院
[天台宗の薬王山医王寺東光院は平安時代の初め、 天長年間(824-833)慈覚大師による草創、 その高弟の光尊阿闍梨が開基となり、 仏工春日作の薬師三尊を安置したと伝えられています。慶長年間(1596-614)小伝馬町へ移転。 当時、江戸天台3ヶ寺は浅草寺、 観理院(山王日枝神社別当寺)、東光院といわれ、末寺108ヶ寺を有する総本寺で、浅草薬師のお寺として広く知られていましたが、慶安年中(1648-51)108ヵ寺中、85ヵ寺を寛永寺に附属し、 自ら23ヵ寺の末寺の末寺頭となりました。慶応4年(1868)江戸幕府崩壊のとき、 薩長軍と彰義隊上野戦争が起こり、 山内を逃れた輪王寺宮(公現法親王)を匿ったことにより明治新政府より数々の圧迫を受けたこともありました。  (「猫のあしあと – 東光院」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図中央左方向・「海禪寺」右下に「東光院」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [43]貮拾貮上」(コマ番号5/10・絵図四つ切左上「海禪寺」左に「東光院」が描かれています。)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「海禅寺」(16-41)、「薬王山東光院解説・左ページ中程から」(16-44)
海禅寺東光院(拡大図)

[図会右ページ左上に東光院が描かれています。]

東光院 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が東光院山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*