東本願寺

マーカーは東本願寺です。

東本願寺
[東本願寺(ひがしほんがんじ)は、東京都台東区西浅草一丁目にある浄土真宗東本願寺派の本山である。正式名称は、「浄土真宗東本願寺派本山東本願寺」。正式名称についての詳細は、「真宗大谷派からの独立」の節を参照してください。本尊阿弥陀如来。2011年現在の住職は、浄土真宗東本願寺派第26世法主である大谷光見(聞如)である。
1651年(慶安4年)、東本願寺第12世教如神田に江戸御坊光瑞寺を建立したのを始まりとし、その後、京都東本願寺の掛所(別院)となった。
1657年(明暦3年)、明暦の大火により焼失し、浅草に移転。「浅草本願寺」・「浅草門跡」と称されるようになり、21の支院と35の塔頭を抱え、境内は1万5000坪に及んだ。その伽藍は、葛飾北斎の『富嶽三十六景』に「東都浅草本願寺」として描かれている。
1868年(明治元年)には、渋沢成一郎天野八郎などの旧幕臣ら百数十名により、大政奉還後、上野寛永寺に蟄居していた徳川慶喜の擁護を目的とする「彰義隊」が結成され、その拠点となった。
『富嶽三十六景』「東都浅草本願寺」・wikipedia-photo  (wikipedia・東本願寺_(台東区)より)]

浄土真宗東本願寺派 本山 東本願寺ホームページ
東本願寺境内図

東本願寺資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図左端中央下・「門セキ前ト云」右に「東本願寺」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [43]貮拾貮上」(コマ番号3/10・絵図中央に「東本願寺」が描かれています。)

江戸名所図会」(東本願寺其二
江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「東本願寺」(16-36)、「其二」(16-37)、「報恩講」(16-38)、「東本願寺解説・右ページ右側」(16-39)

「東都歳事記」・東本願寺報恩講図.jpg

東都歳事記. 巻之1-4,附録 / 斎藤月岑 編纂 ; 長谷川雪旦 図画 ; 松斎雪堤 補画」・「東本願寺報恩講図」(5-17)

江戸名所 浅草東御門跡

富嶽三十六景(葛飾北斎) – 東都浅艸本願寺(とうとあさくさほんがんじ)(wikipedia-photo)

浄土真宗東本願寺派 本山東本願寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が東本願寺山門です。

東本願寺本堂前のカメラです。