熊野神社(十二社権現)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    熊野神社(十二社権現)
    [熊野神社(くまのじんじゃ)は、東京都新宿区西新宿にある神社。新宿総鎮守として知られている。
    当神社は中野長者と呼ばれた室町時代紀州出身の商人・鈴木九郎によって応永年間(1394年 – 1428年)に創建されたものと伝えられている。(天文永禄年間に当地の開拓を行った渡辺興兵衛という人物が祀ったという異説もあり)鈴木九郎は代々熊野神社の神官を務めた鈴木氏の末裔で、現在の中野坂上から西新宿一帯の開拓や馬の売買などで財を成し、人々から「中野長者」と呼ばれていた。鈴木九郎は当初自身のふるさとである熊野三山若一王子を祀ったところ、商売が成功し家運が上昇したので後に熊野三山から十二所権現をすべて祀るようになったのが始まりとされている。付近の地名「十二社」(じゅうにそう)はこれに因んでいる。この地名は現在でも通り(十二社通り)や温泉(新宿十二社温泉)の名などに見られる。神社境内には大きな滝があり、また隣接して十二社池と呼ばれていた大小ふたつの池があり、江戸時代には付近は江戸近郊の景勝地として知られていた。江戸時代には熊野十二所権現社と呼ばれていた。江戸時代あたりから付近には茶屋や料亭などが立ち並びやがて花街となっていった。最盛期には茶屋や料亭が約100軒も並んでいたという。この賑わいは戦前まで続いていた。
    その後明治時代に入り名が熊野神社となり、その後神社の滝や十二社池は淀橋浄水場の造成や付近の開拓により姿を消し景勝地としての様相は徐々に見られなくなっていった。
    文化財
    ●十二社の碑 – 新宿区指定史跡
      嘉永4年(1851年)に建てられた、十二社を紹介する記念碑。
    ●七人役者図絵馬 – 新宿区指定有形文化財(絵画)
      安永2年(1773年)に奉納された絵馬。製作者は浮世絵師の一筆齋文調。
    ●式三番奉納額 – 新宿区指定有形文化財(歴史資料)
      宝暦14年(1764年)作と弘化4年作(1847年)の二つ。江戸三座のうち、市村座における式三番の模様を描いた奉納額。
    ●水鉢 – 新宿区指定有形文化財(工芸品)
      文政3年(1820年)に奉納された水鉢。狂歌師、大田南畝の書による銘文あり。
    広重「名所江戸百景」に描かれた熊野十二社。十二社池が描かれている。・wikipedia-photo
    神社入口・wikipedia-photo  (wikipedia・熊野神社_(新宿区)より)]

    [熊の神社(新宿ミニ博物館) 
    十二社碑 水鉢・七人役者図絵馬 式三番奉納額
    室町時代の応永年間に紀伊国から来て中野一帯を開拓し、中野長者と呼ばれた鈴木九郎が、郷土の熊野三山の十二所権現を勧請してまつったのが、起源とされています。もと熊野神社の境内は広く、複数の池や滝があった江戸西郊の景勝地でした。芝居や浮世絵にも登場し、将軍もしばしば鷹狩りの際に立ち寄りました。また、池を囲んで料亭が立ち並んでいました。昭和30年代までは料亭が賑わいを見せていましたが、昭和43年に埋め立てられ、昔の面影はありません。境内には、大田南畝の書のある『水鉢』や、付近の風景を称えた『十二社の碑』をはじめ、『七人役者図絵馬』や『式三番奉納額』など、数多くの文化財が存在しています。  (「熊野神社 – 新宿区観光協会|”新宿史跡・文化財” 散策マップ」より)]

    [応永年間(1349-1427)頃、紀州から鈴木九郎くろう某が流れつき、故郷熊野の十二所の神を勧請したことに始まる。付近の地名を十二社じゅうにそうと言う。熊野神社西側にあった十二社の池は、角筈村の用水池として利用され、娘が入水し大蛇になったという伝説を持つ。東側には滝があり、景勝地として賑わった。
    江戸名所図会を読む:
        十二所権現社(本文)
        角筈村十二所権現社(挿絵)
        熊野瀧(挿絵)  (「歌川 広重 初代 | 錦絵でたのしむ江戸の名所 – 国立国会図書館」-「熊野十二社」より)]

    名所江戸百景[歌川(安藤)広重](角筈熊野十二社 俗称十二そう・wikipedia-photo)

    熊野神社ホームページ

    新宿の指定史跡 – 十二社の碑、太田南畝の水鉢

    十二社権現資料リンク
    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 内藤新宿千駄ヶ谷絵図」(絵図右上隅左に十二社権現が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 角筈村熊野神社絵図面

    新宿十二社 熊野神社 – Google Map 画像リンク」、「大鳥神社 – Google Map 画像リンク」、「十二社弁財天 – Google Map 画像リンク」、「胡桃下稲荷社 – Google Map 画像リンク」、「地蔵堂 – Google Map 画像リンク

    カメラ北北東方向、歩道橋の右側参道を北に行くと熊野神社(十二社権現)です。

    カメラ北方向が熊野神社(十二社権現)拝殿で、カメラ西北西方向に手水舎、カメラ南西方向に神楽殿があります。

    カメラ北北東方向・本殿右に大鳥三社、その右に胡桃下稲荷社があり、大鳥三社前に弁才天があります。

    熊野神社(十二社権現)神楽奉納の360citiesです。