根津権現

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    根津権現
    [根津神社(ねづじんじゃ)は、東京都文京区根津にある神社。「根津権現」とも呼ばれている。日本武尊が1900年近く前に創祀したと伝える古社で、東京十社の一つに数えられている。境内はツツジの名所として知られ、近隣には森鴎外夏目漱石といった日本を代表する文豪が近辺に住居を構えていたこともあり、これら文豪に因んだ旧跡も残されている。社殿は宝永3年(1706年)の創建で、宝永2年(1705年)江戸幕府五代将軍・徳川綱吉が養嗣子六代将軍徳川家宣のために屋敷地を献納して天下普請したもので、権現造本殿、幣殿、拝殿を構造的に一体に造る)の傑作とされている。社殿7棟が国の重要文化財に指定されている。
    歴史
    1900年ほど前に日本武尊が千駄木に創祀したと言われている。文明年間には、太田道灌により社殿が創られたが、江戸時代になり、現在地に移転。現存する社殿も江戸時代の権現造である。 「根津権現」の称は明治初期の神仏分離の際に「権現」の称が一時期禁止されたために衰退したが、地元では使う人もいる。単に「権現様」とも称される。文学作品では「根津権現」として出てくることが多い。 東京大学の移転にともなって門前の根津遊郭は廃されて江東区の州崎遊郭へと移転させられた。
    境内外社
    ●乙女稲荷神社(主祭神:倉稲魂命-https://goo.gl/maps/nmyA9BPgvYF2https://goo.gl/maps/HXD34mKJzLH2
    ●駒込稲荷神社(主祭神:伊弉諾命・伊弉冊命・倉稲魂命・級長津彦命・級長戸辺命-https://goo.gl/maps/ezhtCkdxqYy
    表参道鳥居・wikipedia-photo

    楼門(重要文化財)・wikipedia-photo

    唐門と瑞垣(ともに重要文化財)・wikipedia-photo

    拝殿(重要文化財)・wikipedia-photo

    拝殿(重要文化財)・wikipedia-photo

    乙女稲荷神社・wikipedia-photo、駒込稲荷神社・wikipedia-photo
    つつじまつりの様子・wikipedia-photo

      (wikipedia・根津神社より)]

    駒込稲荷神社【徳川綱重公の下屋敷】
    [駒込稲荷神社は、根津神社境内地となる以前、徳川綱重公の下屋敷の邸内社であり。手水舎の屋根に、三つ葉葵の紋が残っています。宝永2年綱吉公は兄綱重の子綱豊(六代家宣)を養嗣子に定めると、千駄木の氏神根津神社にその綱重公屋敷地を献納し、世に天下普請と言われる大造営を行なった。  (『邸内社「江戸歴史散歩」より)]

    文京つつじまつり
    [約100種3,000株のつつじが見ごろを迎える中、「文京つつじまつり」が開催されます。まつり期間中は、根津神社のつつじ苑の公開や、根津権現太鼓などのさまざまな催しが行われます。つつじ苑入苑:寄進料200円  (「文京区ホームページ – 文京つつじまつり」より)]

    根津・千駄木下町まつり
    [情緒あふれる粋なまち、根津・千駄木地域で毎年秋(10月)に開催されます。メイン会場は、つつじの名所としても知られる根津神社。まち中のサブ会場とともに、模擬店やフリーマーケット、スタンプラリーなど、さまざまな楽しいイベントが催されます。  (「文京区ホームページ – 根津・千駄木下町まつり」より)]

    根津神社ホームページ
    根津権現境内図

    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本郷湯島絵図」(絵図右中央付近に根津権現が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [33]貮拾壹元」(コマ番号2/7・地図中央に根津権現社地が描かれています。)

    江戸名所圖會. 卷之1-7 / 齋藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 畫圖」・、「根津権現社解説」(15-2)、「根津権現社」(15-3)、「其二曙の里」(15-4)、「根津権現旧地」(15-4)
    根津権現社(拡大図)

    其二曙の里(拡大図)

    根津権現旧地(拡大図)

    [団子坂を上った坂上北側が、宝永3年(1706)の遷座まで、根津神社があった旧社地です。現在は東洋大学国際会館と本郷図書館などがあります。『江戸名所図会』には、「千駄木坂のうへ僅ばかりの地をさしていへり 此近辺芸花園(うえきや)多く庭中四時草木の花絶ず」と書かれています。千駄木坂は、団子坂のことです。『江戸名所図会』には、千駄木坂を挟んで、旧社地の反対側に植木屋が描かれています。千駄木坂上から旧社地の前を通る道には、動坂道と書かれています。現在の団子坂上から動坂上に抜ける道です。  (「江戸名所図会の根津・駒込を歩く」より)]

    絵本江戸土産 – 根津権現社地紅楓(拡大図)

    根津神社表参道口 – Google Map 画像リンク」、「神橋(根津神社) – Google Map 画像リンク」、「楼門(根津神社) – Google Map 画像リンク」、「舞殿 – Google Map 画像リンク」、「手水舎(根津神社) – Google Map 画像リンク」、「根津神社拝殿 – Google Map 画像リンク」、「社殿(根津神社) – Google Map 画像リンク」、「根津神社 – Google Map 画像リンク」、「千本鳥居 – Google Map 画像リンク」、「Azalea Garden – Google Map 画像リンク」、「つつじ苑 – Google Map 画像リンク」、「乙女稲荷神社 – Google Map 画像リンク」、「駒込稲荷神社 – Google Map 画像リンク」、「西口(根津神社) – Google Map 画像リンク

    カメラ西方向が根津神社表参道です。

    カメラ南南東方向が根津神社北口(根津裏門坂)です。

    カメラ南南東方向が駒込稲荷神社・根津権現西門口(根津裏門坂)です。

    根津権現境内・カメラ北北西方向が唐門、北東方向が舞殿、南南東方向が随身門です。

    カメラ北北西方向が本殿です。

    根津神社・例大祭開催中の境内のカメラです。

    文京つつじまつりでのつつじ苑公開のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *