高崎屋

マーカーは高崎屋です。

高崎屋(追分交差点北西角)
[東京大学弥生地区、農正門の正面には本郷通り(岩槻街道)と旧白山通りがぶつかる三叉路で「本郷追分」と呼ばれています。その場所には江戸時代「追分一里塚」があり、「高崎屋」は江戸時代より現在に至るまで酒店を営業されています。

追分一里塚跡
 一里塚江戸時代日本橋を起点として街道筋に 1里(約 4km)ごとに設けられた塚である。駄賃の目安、道程の目印、休息の場所として、旅人に多くの便宜を与えてきた。
 ここは、日光御成街道(旧岩槻街道)との分かれ道で、中山道の最初の一里塚があった。18世紀中頃まで、榎が植えられていた。度々の災害と道路の拡張によって、昔の面影をとどめるものはない。分かれ道にあるので、追分一里塚とも呼ばれてきた。
 ここにある高崎屋は、江戸時代から続く酒店で、両替商も兼ね「現金安売り」で繁昌した。
 平成 7年 3月     文京区教育委員会]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本郷湯島絵図」(絵図中央右方向に追分と記述されています。)

本郷追分一里塚跡 – Google Map 画像リンク」「ワイン&リカー タカサキヤ – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が高崎屋で、壁際に追分一里塚跡案内板が設置されています。

追分一里塚跡案内板(Google Map 画像)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*