庄内藩酒井家上屋敷跡

マーカーは大手町仲通りです。

関連リンク – 庄内藩酒井家中屋敷跡庄内藩酒井家下屋敷跡庄内藩酒井家本所下屋敷跡

大手町二丁目([現]千代田区大手町一―二丁目)
[明治5年(1872)に成立。神田橋から南に延びる道の東側、道三(どうさん)町・銭瓶(ぜにかめ)町の北を占め、北から東にかけて外堀が巡る。南東角に常盤(ときわ)橋があり、同橋と神田橋で神田・日本橋方面へ通じる。古くは平川(ひらかわ)村の内で、江戸城築城に伴い武家地となり、西半は神田橋御門内(かんだばしごもんない)、東半は常盤橋御門内(ときわばしごもんない)と通称された。慶長江戸絵図によれば関東郡代伊奈忠次など徳川家譜代家臣のほか、外様大名藤堂高虎伊勢国津藩)・生駒一正讃岐国高松藩)の屋敷もみえる。明暦3年(1857)の大火で一帯が焼失した後、松平綱吉(のちの徳川綱吉)が神田橋御門内に上屋敷(神田御殿)を拝領した。元禄年中(1688~1704)に柳沢吉保甲斐国甲府藩)が神田御殿北側に上屋敷を拝領、同16年には常盤橋内までの外堀沿いの地を道敷・馬場とも囲い込み、正徳元年(1711)にはかつての神田御殿の西半を取込んで拡張するがまもなく替地となり、同3年に東部を越前国福井藩松平家、同五年には西部の北側を出羽国鶴岡藩酒井家、南側を越後国高田藩榊原家がそれぞれ上屋敷として拝領する。寛保元年(1741)榊原家に代わって豊前国小倉藩小笠原家がこの地に入るが、そのほかは変りなく幕末に至る(沿革図書など)。明治維新後福井藩松平邸は存続、津藩藤堂邸・薩摩鹿児島藩島津邸が新たに割られ、後には文部省教部省大蔵省紙幣寮用地・御雇外国人居留地となった(明治四年東京大絵図・同九年明治東京全図)。  (「大手町二丁目 | 仲介手数料最大無料の東京賃貸事情」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 分間江戸大繪圖(出版年月日・享保2 [1717])」(コマ番号4/5・絵図四つ切左上「カンタハシ」左に「酒井左衛門尉」(酒井忠予)と記述されています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 御江戸大名小路絵図(嘉永2年・1849年)」[神田橋左下・酒井左衛門尉(酒井忠発)が庄内藩酒井家上屋敷です。]

[御大名小路辰之口辺図] / 高柴三雄 誌(嘉永2年・1849年)」・「bunko01_01854_p0001.jpg

国立国会図書館デジタルコレクション – (内題)東京府武蔵国麹町区八重洲町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図四つ切右下・「神田橋」下、「印刷局」の下道路L字角までが庄内藩酒井家上屋敷跡です。)

カメラ位置は神田橋南詰めで、カメラ南東方向に庄内藩酒井家上屋敷がありました。

カメラ位置は大手町仲通りで、周辺一帯が庄内藩酒井家上屋敷跡です。

庄内藩酒井家
[庄内藩(しょうないはん・荘内藩)は、出羽国明治以降は羽前国田川郡庄内(現在の庄内地方山形県鶴岡市)を領し、譜代大名酒井氏が永年一代支配した藩。明治時代初頭に大泉藩(おおいずみはん)と改称した。
藩庁は鶴ヶ岡城。枝城として酒田市に亀ヶ崎城を配置した。支藩に大山藩松山藩がある。
転封の多い譜代大名にあって、庄内藩酒井氏は転封の危機に晒されはしたものの、江戸幕府による転封が一度もなかった数少ない大名の一つである。当藩は藩史に見られるように藩主・家臣・領民の結束が固い。これは本間光丘による藩政改革に端を発している。この藩政改革以後、領民を手厚く保護する政策が基本姿勢となり歴代藩主はこれを踏襲した。領民もこれに感謝の念を抱いていた。このため、他藩にはあまり類のない、領民の運動による三方所替えの危機回避や、明治初頭の藩主呼び戻しの献金などが行われたのである。歴代藩主では老中となった酒井忠寄戊辰戦争を戦った酒井忠篤が著名。明治時代まで酒井氏が治めた。藩主の酒井氏は、戦国武将で徳川四天王の一人である酒井忠次の嫡流、左衛門尉酒井氏で譜代の名門の家柄である。尚、当藩出身の著名な人物として志士・清河八郎がいる。
三方領地替え
天保11年(1840年)8代・酒井忠器の時に藩に危機が訪れる。財政が好転し、また実収が20万石ともそれ以上ともいわれる庄内に目をつけたのが武蔵国川越藩主・松平斉典である。当時川越松平家は度重なる転封で莫大な借財を抱え、また水害等で藩領内が荒廃し財政が逼迫していた。そこで、内実の豊かな庄内への転封を目論んだわけだが、斉典は11代将軍徳川家斉の第二十一子紀五郎(のちの松平斉省)を養子に迎え、養子縁組のいわば引き出物として、当時、大御所となっていた家斉に庄内転封を所望した。このため、松平を川越藩から庄内藩へ、庄内藩の酒井を越後国長岡藩へ、長岡藩の牧野忠雅を川越藩へという「三方領地替え」という計画が持ち上がった。これに対し、天保12年1月20日(1841年2月11日)庄内藩の領民は江戸へ出向き幕府に領地替え取り下げを直訴した。この行動は本来ならば死罪である。また従来、領民の直訴といえば藩政の非を訴えるものであるが、領民による藩主擁護の行動は前代未聞であり、逆に幕府役人より賞賛された。同年7月12日(8月28日)家斉・斉省の死去も伴い幕命は撤回となった。この三方領地替えの撤回は、後に印旛沼堀割工事の際に、懲罰的な御手伝普請を庄内藩が強いられる遠因となった。なお、藤沢周平の小説『義民が駆ける』は、この三方領地替えを農民の立場から描いた作品である。  (wikipedia・庄内藩より)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*