馬込勘解由屋敷跡

マーカーはカメラ位置です。

馬込勘解由屋敷跡
[この地域には、大伝馬町の草分名主で、公用旅行者のための人馬の継立てなどを行う道中伝馬役を務めた馬込氏の屋敷がありました。馬込氏は、天正18年(1590)に徳川家康江戸入府に際して、高野新右衛門・小宮善右衛門らとともに駄馬人足を率いて出迎えたことにより、道中伝馬役を命ぜられて、後の呉服橋御門(千代田区丸の内1丁目)内の辺りに位置した宝田村に土地を与えられました。馬込氏の当主の多くは、代々「勘解由」の通称名を名乗っていました。慶長11年(1606)江戸城拡張にともない、宝田村の住人たちが現在地付近に移転して、大伝馬町が起立しました。大伝馬町は、京橋にある南伝馬町と交代で道中の人馬の継立てを行い、江戸府内の継立てを務める小伝馬町と合わせて「三伝馬町」と呼ばれました。大伝馬町の伝馬役を務めた馬込氏は、大伝馬町2丁目北側新道の西角に屋敷を構え、同町の名主役を兼帯して苗字帯刀を許されていました。馬込氏の邸内奥には、宝田村の鎮守が勧請され、その御神体である恵比寿神像は徳川家康から拝領したと伝えられています。正月20日と10月20日には大伝馬町の大店で恵比寿講が盛大に行われ、その前日に開かれた市が、現在10月に開かれている「べったら市」につながっています。なお、馬込氏邸内の恵比寿神像は、江戸時代後期頃から現在の寶田恵比壽神社(日本橋本町3丁目10番11号)にまつられています。  (「中央区観光協会 – 史跡・名所 [日本橋・京橋エリア] – 馬込堪解由屋敷跡」より)]

馬込勘解由
[馬込勘解由(まごめかげゆ)は、日本橋大伝馬町二丁目で代々伝馬役・名主役を務めた馬込家当主が代々名乗った名前。草創名主の中でも筆頭的存在であった。由緒書によれば、初代馬込平左衛門は遠江国敷知郡馬込村(静岡県浜松市中区馬込町)の伊東家に生まれ、幼少より時の領主徳川家康に仕え、兵站を担っていた。天正18年(1590年)家康に連れ立って江戸城に赴き、当初後の呉服橋御門内にあたる宝田村に居住し、伝馬役・名主役を務めた。その後江戸城下の整備が進み、慶長11年(1606年)大伝馬町・小伝馬町・中伝馬町が成立、宝田村は大伝馬町・南伝馬町へ移転となり、平左衛門は大伝馬町二丁目に移住し、同町の名主を務めた。以前より出身地に因み馬込と渾名されていたが、元和元年(1615年)、家康が大阪の陣を終え、東海道を帰城の折、平左衛門は浜松宿馬込橋で人足500人と共に迎えに上がった所、歓心を得て、正式に馬込の苗字を賜ったという。一方、大伝馬町一丁目の木綿問屋川喜田久太夫家に伝わる文書によれば、三河国の土豪佐久間勘解由が、徳川家康に従って川喜田等伊勢国木綿商人を引き連れて江戸に入り、馬込を名乗ったとするが、これは同じく隣町大伝馬町一丁目で名主・伝馬役を務めた佐久間善八家が廃絶後、同家と馬込家を混同したものと考えられている。当初の支配町域は大伝馬二丁目一町のみであったが、その後拡大し、享保14年(1729年)の時点で大伝馬町一・二丁目、大伝馬塩町、通旅籠町、堀留町一・二丁目、伊勢町の計7町を受け持っており、これが幕末まで続いた。また、江戸時代後期には金融業も手がけていたと見られ、小津屋清左衛門(小津産業)や大丸屋清右衛門(大丸)からの借入金を宇都宮藩戸田家などに貸し与え、利益を得ていた。特に宇都宮藩に関しては、藩士に禄を支給した文書も残っており、藩の財政に直接関与していた可能性が指摘されている。また、文政12年(1829年)から天保12年(1841年)にかけて、勘定奉行内藤矩佳の近習役を務めた。菩提寺は当初増上寺だったが、善徳寺が独立後檀家となり、墓も移された。善徳寺は移転を繰り返し、現在は北区赤羽西六丁目にある。  (wikipedia・馬込勘解由より)]

カメラ北方向に馬込勘解由屋敷跡案内板が設置してあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*