魚河岸

マーカーは日本橋魚河岸記念碑です。

魚河岸
[日本橋魚河岸跡   所在地 中央区日本橋室町一丁目8番地域
 日本橋から江戸橋にかけての日本橋川沿いには、江戸幕府江戸市中で消費される鮮魚や塩干し魚を荷揚げする「魚河岸」がありました。ここで開かれた魚市は、江戸時代初期に佃島の漁師たちが将軍や諸大名へ調達した御膳御肴の残りを売り出したことに始まります。この魚市は、日本橋川沿いの魚河岸を中心として、本船町、小田原町、安針町(現在の室町一丁目・本町一丁目の一帯)の広い範囲で開かれ、大変な賑わいをみせていました。
 なかでも、日本橋川沿いの魚河岸は、近海諸地方から鮮魚を満載した船が数多く集まり、江戸っ子たちの威勢の良い取引が飛び交う魚市が建ち並んだ中心的な場所で、一日に千両の取引があるともいわれ、江戸で最も活気のある場所のひとつでした。
 江戸時代より続いた日本橋の魚河岸では、日本橋川を利用して運搬された魚介類を、河岸地に設けた桟橋に横付けした平田舟の上で取引し、表納屋の店先に板(板舟)を並べた売場を開いて売買を行なってきました。
 この魚河岸は、大正12年(1923)の関東大震災後に現在の築地に移り、東京都中央卸売市場へと発展しました。現在、魚河岸があったこの場所には、昭和29年(1954)に日本橋魚市場関係者が建立した記念碑があり、碑文には、右に記したような魚河岸の発祥から移転に至るまでの300余年の歴史が刻まれ、往時の繁栄ぶりをうかがうことができます。
     平成19年3月    中央区教育委員会]

「日本橋魚市場発祥の地」の碑(2018年2月撮影)・wikipedia-photo

[魚河岸というのはかつて日本橋のたもとにあった魚市場のことをいいます。
今をさかのぼること四百年前、摂津国佃村の名主森孫右衛門を筆頭とする漁師三十余名が家康に従って江戸入りし、江戸前海での漁業を許されるとともにそこで獲れた魚を御城に納め、そのあまりを市中に売ったという、これが魚河岸のはじまりとされています。
 日本橋は江戸の発展と共に商業の中心地として繁栄をみましたが、そのなかにあってとりわけ活況を呈したのが魚河岸なんです。「なんの千両は朝のうち」(「朝昼晩三千両の落ちどころ」という川柳)といいまして、これは江戸では日に三千両という金が流れるが、そのうちの千両は朝の魚河岸で動くというんですね。ほかに昼に芝居町で千両、夜は吉原で千両の都合三千両。何しろ江戸市民にとって魚介類は貴重なたんぱく源。その供給元の魚河岸がいかに繁盛していたかが分かります。  (「魚河岸発! – 観光 – 東京中央ネット」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図
[絵図左下日本橋上、室町一丁目右下に「魚カシ芝カシ魚市場」と記述されています。そこの左側に「品川裏河岸」と記述されています、そこが「狂歌東都花日千兩-日本橋の部」で描かれる「新店 釘店」になります。]

江戸方角安見図鑑. 乾,坤巻」・「ru11_01312_0001_p0016.jpg

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「日本橋魚市」(1-36)、「日本橋・魚市解説・右ページ4行目より」(1-37)
日本橋魚市(拡大図)

東海道名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [編]」・「日本橋」(6-79)、「日本橋解説」 (6-80)

狂歌江都名所図会 – 魚市(拡大図)

狂歌東都花日千兩 – 魚市(拡大図)

狂歌東都花日千兩 – 新店 釘店(拡大図)

[明治10年(1877)12月、東京府は「日本橋ヨリ以西 一石橋迄」の河岸地、西河岸の対岸を「裏河岸」と命名しました。江戸時代初期、寛永江戸図(1634)などでは「北かし」と記されていますが、この北側には北鞘町と品川町があり、御府内沿革図書では、一石橋側を「北鞘町河岸」、日本橋側を「品川町裏河岸」としており、いくつかの里俗名を確認することができます。『江戸名所図会』によると、品川町裏河岸の通りには、釘・金物の店が多く、釘店(くぎだな)とも呼ばれたといいます。平成12年3月 中央区教育委員会  (「【日本橋 河岸】裏河岸 – 江戸町巡り」より)]

「東都名所」 – 「日本橋真景并ニ魚市全図」、「日本橋真景并ニ魚市全図-2」、「日本橋真景并ニ魚市全図-3

東都名所・日本橋魚市[歌川(安藤)広重]

日本橋魚市場発祥の地碑 – Google Map 画像リンク」、「日本橋魚河岸跡 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向、ビル前・高速道路左に日本橋魚河岸記念碑が設置されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*