亀戸天神・亀戸裏門 玉屋

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    亀戸天神
    [亀戸天神社(かめいどてんじんしゃ)は、東京都江東区亀戸にある神社(天満宮)である。菅原道真を祀り、学問の神様として親しまれている。特に1,2月の受験シーズン土曜・日曜には、道真の加護を求めて絵馬奉納する受験生で境内が溢れる。正保年間(1644年 – 1647年)、菅原道真の末裔であった九州の太宰府天満宮の神官、菅原大鳥居信祐は、天神信仰を広めるため社殿建立の志をもち、諸国を巡った。そして1661年(寛文元年)、江戸本所亀戸村にたどり着き、元々あった天神の小祠に道真ゆかりの飛梅で彫った天神像を奉祀したのが始まりとされる。当時、明暦の大火による被害からの復興を目指す江戸幕府は復興開発事業の地として本所の町をさだめ、四代将軍徳川家綱はその鎮守神として祀るよう現在の社地を寄進した。そして1662年(寛文2年)、地形を初め社殿楼門回廊心字池太鼓橋などが太宰天満宮に倣い造営された。古くは総本社に当たる太宰府天満宮に対して東の宰府として「東宰府天満宮」、あるいは「亀戸宰府天満宮」「本所宰府天満宮」と称されていたが、1873年(明治6年)に府社となり亀戸神社、1936年(昭和11年)に現在の亀戸天神社となった。
    太鼓橋 – 男橋、女橋
    男橋は、大鳥居を過ぎると最初にある橋。太宰府天満宮を模して造られた。池と橋を人の一生に見立てた「三世一念の理」に基づき、この橋は過去を表す。「亀戸天神社・太鼓橋・男橋」・wikipedia-photo

    女橋は、本殿の手前にある橋。この橋は希望の未来を表す。「亀戸天神社・太鼓橋・女橋」・wikipedia-photo

    本社の太鼓橋は歌川広重によって描かれ、『名所江戸百景』シリーズの「亀戸天神境内」として発行された。
    摂末社
    御嶽神社
    道真の教学上の師である延暦寺第十三代座主、法性坊尊意僧正を祀る。「卯の神」として知られ、正月初卯、二の卯、三の卯には、卯槌や卯の神札が授与される。正月の初卯詣は江戸時代から大変賑っていたことが『東都歳事記』に記されている。卯杖卯槌は1831年(天保2年)の卯年から売られるようになったが、当時の卯杖と卯槌の形状は『日本民俗図志』に描かれている。明治になっても初卯詣は人気があり、芸者と旦那がこぞって初卯詣をしていたことが1875年(明治8年)1月7日の『東京日日新聞』の記事となった。初卯詣には陸路のほかに亀戸天神社の西側を流れる横十間川の水路を使った。
    亀戸天神社鳥居・wikipedia-photo

    太鼓橋(男橋)・wikipedia-photo

    男橋、鳥居方向を見た参道・wikipedia-photo

    女橋から拝殿方向の参道・wikipedia-photo

    拝殿・wikipedia-photo

      (wikipedia・亀戸天神より)]

    [現在の亀戸天神社。菅原道真を祀る。寛文3(1663)年太宰府天満宮を分祠したのが始まりで、学問の神様として江戸庶民の信仰を集めた。1月24・25日に開催される、昨年の不幸を嘘として吉運に変えるという「鷽替うそかえの神事」で知られる。梅や藤の名所としても人気があった。  (「歌川 広重 初代 | 錦絵でたのしむ江戸の名所 – 国立国会図書館」-「亀戸宰府天満宮」より)]

    「亀戸天神ホームページ」 – 「境内のご案内」
    亀戸天神境内図(説明文へのリンクは上記「境内のご案内」から。)

    1.太鼓橋 男橋、2.太鼓橋 女橋、3.御嶽神社、4.花園社、5.弁天社、6.紅梅殿、7.神牛、8.筆塚、9.五歳菅公像、10.鷽の碑、11.松尾芭蕉句碑、12.燐寸塚、13.累卵塔、14.太助灯籠、15.琴柱灯籠

    国立国会図書館デジタルコレクション – 御放鷹御成御膳所圖」(コマ番号59/99・亀戸天神御膳所絵図)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 北本所横川ヨリ亀戸迄 : 天保一一年八月ノ形」(絵図四つ切左上方向・津軽大隅守抱屋敷右に天神社地と描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本所絵図」(絵図右端中央に亀戸天満宮が描かれています。)

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「亀戸宰府天満宮」(18-49)、「亀戸宰府天満宮其二」(18-50)、「宰府天満宮解説-1」(18-51)、「二月二十五日 菜種神事」(18-52)、「亀戸天満宮祭礼神輿渡御行列之図」(18-53)、「亀戸天満宮祭礼神輿渡御行列之図 其二」(18-54)、「宰府天満宮解説-2」(18-55)
    亀戸宰府天満宮(拡大図)

    亀戸宰府天満宮其二(拡大図)

    [図会左ページ中央、裏門左の茶ヤが玉屋と思われます。]

    二月二十五日 菜種神事(拡大図)

    亀戸天満宮祭礼神輿渡御行列之図(拡大図)

    亀戸天満宮祭礼神輿渡御行列之図 其二(拡大図)

    東都歳事記. 巻之1-4,附録 / 斎藤月岑 編纂 ; 長谷川雪旦 図画 ; 松斎雪堤 補画」・「初卯の日亀戸妙義詣」(1-15)、「亀戸天満宮追儺(ついな)」(5-19)
    初卯の日亀戸妙義詣(拡大図)

    亀戸天満宮追儺(ついな)拡大図)

    絵本江戸土産 – 亀戸天神の社(拡大図)

    『江戸買物独案内』画像データベース(早稲田大学)の江戸買物獨案内 上・下巻・飲食之部(飲食之部 / 内容画像15・下画左端)に玉屋が掲載されている。

    江戸高名会亭尽(歌川広重) – 亀戸裏門 玉屋「狂句合 より花火めいた玉屋のべに生姜 二世木卯」(wikipedia-photo)

    [料亭〔玉屋〕を、池波正太郎さんは、『江戸買物独案内』から見つけた。同書には、所在は「亀井戸」( 3巻 15p )としか書かれておらず、天満宮の門前かどうかはわからない。歌川広重に、『江戸高名会亭尽(つくし)』という一枚絵のシリーズがあり、これに〔玉屋〕を選ばれている。雪の景で、亭前を芸者が二人と、鯉を入れた手提げ桶をとどける小むすめが寒そう。絵をよく見ると、「亀戸 裏門」とある。〔玉屋〕は門前とはいい条、裏門に店を構えていたのだ。  (「亀戸の〔玉屋〕: 『鬼平犯科帳』Who’s Who」より)]

    江戸遊覧花暦. 巻之1-4 / 岡山鳥 編輯 ; [長谷川雪旦] [画]」・「亀戸天満宮」(2-4)、「亀戸天満宮池辺解説-1」(2-3)、「亀戸天満宮池辺解説-1・右ページ5行目まで」(2-5)

    名所江戸百景[歌川(安藤)広重](亀戸天神境内・wikipedia-photo)

    諸国名橋奇覧(葛飾北斎) – かめゐど天神たいこはし(wikipedia-photo)

    鳥居 – Google Map 画像リンク」、「藤棚 – Google Map 画像リンク」、「弁天社 – Google Map 画像リンク」、「あしなが燈籠(亀戸天神社) – Google Map 画像リンク」、「五歳の菅公像 – Google Map 画像リンク」、「手水舎 – Google Map 画像リンク」、「御神牛(亀戸天神社) – Google Map 画像リンク」、「能楽堂(亀戸天神社) – Google Map 画像リンク」、「亀戸天神社 – Google Map 画像リンク」、「御嶽神社 – Google Map 画像リンク」、「筆塚(亀戸天神社) – Google Map 画像リンク

    カメラ北方向が亀戸天神参道です。

    亀戸天神太鼓橋(男橋)前の360citiesです。

    亀戸天神太鼓橋(男橋)上の360citiesです。

    亀戸天神本殿前の360citiesです。

    亀戸天神拝殿前のカメラです。

    亀戸天神藤棚のカメラです。