庄内藩酒井家本所下屋敷跡

マーカーは庄内藩酒井家下屋敷跡です。

関連リンク – 庄内藩酒井家上屋敷跡庄内藩酒井家中屋敷跡庄内藩酒井家下屋敷跡

酒井忠発
[酒井 忠発(さかい ただあき)は、出羽国庄内藩8代藩主・酒井忠器の長男。文化9年(1812年)9月13日生まれ。文政9年(1826年)12月に叙任する。天保4年(1833年)12月に従四位下へ叙任する。天保13年(1842年)4月14日、父の隠居により跡を継ぐ。嘉永2年(1849年)からは洋式砲術の訓練や海岸警備の強化に努め、嘉永6年(1853年)に品川台場の警備を務めた。安政6年(1859年)9月に蝦夷地の警備を務め、翌年には蝦夷地に出兵して殖民を奨励した。長男・忠恕が早世したため、文久元年(1861年)8月6日に弟の忠寛に家督を譲って隠居した。明治9年(1876年)2月12日に65歳で死去した。
日本最古の魚拓
天保10年(1839年)2月、現在の東京都墨田区錦糸町付近で釣り上げられた魚拓「錦糸堀の鮒」が日本最古の魚拓とされ、忠発が釣り上げたものとされている。本間美術館学芸員・佐藤七郎の調査では、この魚拓に記された「天保十年亥二月晦日 於錦糸堀 御獲鮒之図」の「御獲」という記述と、当時江戸に居た酒井家の人物を調査した結果、忠発以外に該当する人物はいないとしている。  (wikipedia・酒井忠発より)]

東京都立図書館アーカイブ – 嘉永新鐫本所絵図 (安政2[1855]改正/文久3[1863]改)」(絵図四つ切左下・四ツ目通り上と下に酒井左エ門尉(酒井忠篤 )下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 北本所横川ヨリ亀戸迄 : 天保一一(1840)年八月ノ形」(絵図中央右方向・四ツ目通り上の永井飛騨守抱屋敷と四ツ目通り下の白須甲斐守下屋敷が、後年庄内藩酒井家本所下屋敷になると思います。)

カメラ位置は江東橋三丁目交差点で、四ツ目通り東側と西側が庄内藩酒井家本所下屋敷跡になると思います。