平岡石見守下屋敷跡

マーカーは宮坂上です。

平岡石見守下屋敷跡
[宮坂
千石三丁目21から、今は暗渠となっている千川の通りまで一直線に下る坂道である。この坂道は、昭和9年(1934)尾張屋銀行が住宅開発を行った時に造成された。
 『有栖川宮総記』によれば、旧幕府若年寄平岡丹波守道弘の控邸であり、維新後、嘉納希之(三男が講道館柔道の創始者嘉納治五郎)の所有となり、紅緑荘と称した。邸内は「林泉池塘の勝ありて風景頗る佳なり。殊に鷺猟に適す」とある。
(中略)
 明治19年に有栖川宮熾仁親王は同邸を譲り受け、明治40年宮家はこの地を手放された。この地を愛された有栖川宮を慕い、新しく宅地造成のときに出来た坂を人は宮坂と呼んだ。
『ぶんきょうの坂道』(文京区文京ふるさと歴史館発行、平成25年3月28日改訂版発行(第11刷)より。
距離: 137m | 高低差: 8.34m
東京都 文京区 千石三丁目 19
緯度:35.726203 経度:139.735744  (「nishifu | リスト – 坂マップ – 30maps」より)]

平岡道弘
[平岡 道弘(ひらおか みちひろ)は、江戸時代後期から末期の旗本大名安房船形藩主。
旗本大番席の藤沢次和(宮内)の子として甲斐国府中に生まれる。文政3年(1820年)9月、西丸小納戸頭の旗本平岡道忠(越中守、500石)の養子となり、文政5年(1822年)に初めて書院番になった。天保8年(1837年)に家督を継ぎ、嘉永2年(1849年)、12代将軍徳川家慶、13代将軍徳川家定御側御用取次(2000石)となる。万延元年(1860年)2000石を加増された。南紀派として、信濃上田藩松平忠固に与して井伊直弼大老就任を実現させるなどし、他の南紀派が処罰される中、文久2年(1862年)8月24日に若年寄に昇進し、加増され5000石となる。
元治元年(1864年)10月、安房国内で1万石に加増され大名に列した。翌慶応元年(1865年)、安房国平郡船形村御霊に陣屋を起工し、船形藩を立藩した。慶応2年(1866年)11月、火付盗賊改方役宅であった屋敷および1700坪の敷地、隣地の273坪を預地として幕府より下付された。慶応3年(1867年)5月、京都見廻役を命ぜられ、6月には若年寄を辞した。
慶応4年(1868年)2月12日、松平春嶽の意見を容れて、徳川慶喜江戸城を退去し、上野寛永寺大慈院に移る際に浅野氏祐らと随行した。7月、船形陣屋を未完のまま領地を奉還し、安房上総監察兼知県事柴山文平へと引き渡し、明治2年(1869年)6月23日に静岡藩大参事(家老)となるが、廃藩置県により免職となった。  (wikipedia・平岡道弘より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 巣鴨絵図(嘉永七年・1854年)」(絵図右下に平岡石見守下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [25]貮拾亨(嘉永七年・1854年)」(コマ番号4/5・絵図中央右端に平岡石見守、抱屋敷と描かれています。コマ番号3/5・絵図中央左端に平岡石見守、抱屋敷と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 江戸絵図. 3号」(コマ番号4/6・絵図左下に平岡石見守下屋敷と隣接して平岡石見守抱屋敷と描かれています。この地が慶応2年拝領した屋敷地のようです。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 平岡丹波守別業図. 1」、「平岡丹波守別業図. 2」、「平岡丹波守別業図. 3

カメラ位置は宮坂の坂上で、坂両サイドが平岡石見守下屋敷跡と思われます。