戸川播磨守下屋敷跡(旧古河庭園)

マーカーは旧古河庭園です。

戸川播磨守下屋敷跡(旧古河庭園)
[戸川播磨守(戸川安清)は天保期の幕臣長崎奉行勘定奉行を務め、かたわら能書で知られた。この下屋敷は、植木屋仁兵衛の西ヶ原牡丹屋敷の跡である。明治陸奥宗光邸になった。  (「江戸切絵図散策」より)]

[明治20年代、政治家・陸奥宗光が当地を購入し別宅とする。明治38年、宗光の次男・潤吉が古河財閥創業者である古河市兵衛の養子(2代当主)となったため、古河家に所有が移った。当時の建物は現存しない。
1914年(大正3年)、古河財閥3代目当主の古河虎之助(市兵衛の実子)が周囲の土地を購入し、9,470坪を古河家の本宅用として、整備を開始した。
1917年(大正6年)5月、西洋館と洋風庭園が竣工。洋館と洋式庭園は、イギリス出身の建築家、ジョサイア・コンドル(他に旧岩崎邸洋館、鹿鳴館ニコライ堂など)により設計監理された。
さらに虎之助により、大正8年(1919年)、日本庭園も竣工し、現在の形となった。日本庭園は近代日本庭園の先駆者・京都の庭匠「植治」こと七代目小川治兵衛(他に京都無鄰菴平安神宮神苑、円山公園など)により作庭された。
1917年(大正6年)、虎之助夫妻は西ヶ原の新居に本邸として住み込んだ。 1923年(大正12年)9月1日の関東大震災が起こる。西ヶ原の古河邸はほとんど被害を受けなかった。しかし都心や下町方面から避難者が押し寄せ、正門前には群衆がたむろした。虎之助はこれを見て、門を開き、邸内を開放した。さらに本館も開放し医師を動員し負傷者の治療を行い、「滝野川救療所」として翌年3月まで活動した。また、庭園内の温室も取り壊し、バラック住宅86戸を建造し避難民524人を収容した。
関東大震災前の1919年(大正8年)秋には足尾銅山に労働争議が起こり、坑夫の家族が大挙して西ヶ原の本邸に押しかけ、直訴するという事件があった。虎之助はこれに対し「惻隠の情」が起こったと述懐している。(「古河虎之助伝」)さらに、1921年(大正10年)には養子・市太郎が急死したことをきっかけに、信仰に入る(詳細不詳)。関東大震災における救済事業もその信仰心の発露であった。こうした心境の変化により、1926年(大正15年)、虎之助は贅沢な西ヶ原の屋敷から質素な牛込若松町に転居したのである。以後、西ヶ原邸は、会社経営の内外商客接待のための迎賓館とされた。
太平洋戦争末期に西ヶ原邸は陸軍第9師団の連隊本部将校宿舎として接収される。また、当主従純も応召する。東京大空襲による被害は建物、庭園ともに免れた。
終戦後は1952年(昭和27年)まで連合軍に接収される。 この間、英国大使館付武官の宿舎とされたという記録が散見されるが、サンフランシスコ平和条約(1951年締結、1952年発効)以前、日本は独立国として承認されておらず、従って英国の大使館は置かれないと考えられるので、誤りである可能性が大きい。
洋館等の建物は、その後約30年間放置された状態で「お化け屋敷」と言われるほど荒廃が進んだ。1981年刊行の北村信正「旧古河庭園」には洋館は「きづたに覆われている」とあり、蔦に覆われた洋館の写真も掲載されている。1982年(昭和57年)に東京都名勝の指定を受けると、それから1989年(平成元年)まで7年をかけた修復工事が行われ、現在の状態まで復元された。
2006年(平成18年)には、大正時代初期の形式をよく留める庭園が評価され、国の名勝に指定された。
洋館(大谷美術館)
現在は財団法人大谷美術館が洋館の管理を行っている。洋館内部は1日3回、時間を決めて行われているガイドツアーに参加すると見学可能。本館部分の1階から2階までを解説付きで見学できる。(所要時間1時間、見学料800円入園料別)自由に内部の見学ができないので注意が必要。 この見学会は往復はがきでの事前予約が原則だが、当日に予約の空きがあれば予約がなくても参加可能。
洋風庭園(バラ園)
現在、バラ園には、約100種199株のバラが植えられている。
3段目のテラスは非整形的なツツジ園となっており、手前の西洋庭園と奥の日本庭園との連続性をもたせる仕組みになっている。
日本庭園
日本庭園は洋館、洋式庭園の完成に続いて、大正8年(1919年)に完成。京都の造園家・七代目小川治兵衛の作。斜面の一番底部に位置する池泉回遊式庭園である。シイモチノキムクノキカエデなどの鬱蒼と茂った樹林のなか、「心」の字を崩した形の心字池を中心に、急勾配を利用した大滝、枯山水を取り入れた枯滝、大きな雪見灯籠などが配されている。心字池と大滝の間には入母屋造り の茶室が設けられ、茶の湯が開かれた。茶室は大谷美術館の管理で、春と秋には抹茶のもてなしがある。
「正面、車寄せ」・wikipedia-photo、洋館・wikipedia-photo、東から・wikipedia-photo、玄関ステンドグラス・wikipedia-photo、新小松石の壁面・wikipedia-photo、バラの季節・wikipedia-photo、「バラ園 イタリア風の斜面のテラスに設えられているが、内部は幾何学的なフランス風」・wikipedia-photo、日本庭園・wikipedia-photo  (wikipedia・旧古河庭園より)]

旧古河庭園ホームページ」 – 「旧古河庭園 バリアフリーマップ

旧古河庭園洋館平面図(「旧古河庭園の紹介1 本館と洋風庭園 | みどりの木のブログ」より)

旧古河氏庭園 | 東京都北区

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 巣鴨絵図」(絵図上端中央に戸川播磨守下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [40]貮拾壹貞」(コマ番号3/13・地図右端中央付近に戸川播磨守抱屋敷と描かれています。)

都立 旧古河庭園 – Google Map 画像リンク」、「旧古河邸/(公財)大谷美術館 – Google Map 画像リンク」、「花壇(都立 旧古河庭園) – Google Map 画像リンク」、「展望台(都立 旧古河庭園) – Google Map 画像リンク」、「茶室 – Google Map 画像リンク」、「心字池(都立 旧古河庭園) – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向が戸川播磨守下屋敷跡(旧古河庭園)正門です。

戸川播磨守下屋敷跡(旧古河庭園)入口内のストリートビューです。

旧古河庭園・西洋館前のストリートビューです。

旧古河庭園・西洋館バルコニー側のストリートビューです。

旧古河庭園・西洋館バルコニー側のバラ園のカメラです。

旧古河庭園・紅葉の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*