氷川神社(板橋区氷川町)

マーカーは氷川神社(板橋区氷川町)です。

氷川神社(板橋区氷川町)
[氷川神社(ひかわじんじゃ)は、東京都板橋区氷川町にある神社。現在は19の町を氏子区域とする。社殿は鉄筋コンクリート、流造。
1206年(元久3年)頃に、現在の所在地周辺を領有していた豊島氏の豊島左衛門尉経泰が、現在の埼玉県大宮市氷川神社より、素盞男命稲田姫命の分霊を奉じて社を建てたのが起源とされる。石神井川畔の景勝の地ということで選ばれた。豊島氏が没落した後も、地元民が板橋宿の鎮守として信仰してきた。しかし、1889年(明治22年)の火災で社は焼失し、起源を裏付ける史料も失われている。
1889年の火災の翌年に再建されたが、1945年(昭和20年)5月の空襲で再び全焼した。現在の社殿は、1954年に結成された御造営奉賛会により再建されたもので、1958年(昭和33年)9月に竣工した。
1872年に村社、1873年に郷社となった。
氷川神社・wikipedia-photo  (wikipedia・氷川神社_(板橋区氷川町)より)]

氷川神社ホームページ

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [30]貮拾貞(嘉永七年・1854年)」(コマ番号8/13・絵図中央上に「藍染日曜寺年貢地」と「智清寺」が描かれ、その右方向、石神井川右に氷川社と描かれています。)

氷川神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が氷川神社表参道です。

カメラ西南西方向が氷川神社東参道です。

氷川神社拝殿前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*