空襲犠牲者供養の地蔵(平安地蔵)

マーカーは空襲犠牲者供養の地蔵(平安地蔵)です。

空襲犠牲者供養の地蔵(平安地蔵)
[平安地蔵
 昭和二十年(一九四五)六月十日、午前七時五十五分より約二時間にわたり、この付近一帯はB29による空襲(東京大空襲)をうけました。『帝都防空本部情報』の記録によると、死者二六九名、重傷者八六名、建物の全壊二六〇戸、投下爆弾(二五〇キログラム級)一一六個、罹災者二、四六七人、罹災世帯四九八世帯とあります。区内では最大の死者を出した空襲と言われ、実際にはこの数字より多い被害があったようです。
 戦後、亡くなった人々の供養と再びこの悲劇を繰り返すまいという誓いのもとに昭和二十三年六月十日、地元有志の人々が浄財を集め、おとな、子どもを表す大小の地蔵を造立、平安地蔵と命名しました。太平洋戦争を語る区内では数少ない史跡の一つです。
 平成七年度、板橋区の記念物に登録されました。
  平成九年三月  板橋区教育委員会]

平安地蔵 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が空襲犠牲者供養の地蔵(平安地蔵)です。

空襲犠牲者供養の地蔵(平安地蔵)(Google Map 画像)

空襲犠牲者供養の地蔵(平安地蔵)案内板(Google Map 画像)