西台不動尊

マーカーは西台不動尊です。

西台不動尊
[住宅地の中の小路を入ってゆくと、行き止まりの崖地に不動堂がある。石標がなければ、決してたどり着けない、それほど意想外の場所なのです。
お堂に上がる石段の左の崖地に石仏が点在している。欠けたり壊れたりして像容が判らない。ただ「矜羯羅童子(こんがらどうじ)」と「制多迦童子」は台座に書いてあるから判る。両者は不動明王脇侍であり、八大童子の一つ。境内に「三十六童子」の石塔がある。崖地の石仏は36体もないから、多分、八大童子だと思うのだが、自信はない。
お堂の扉が開いている。普段、堂内の本尊を拝むことはしないのだが、開いているので上がることに。持参資料には「本尊は1mあまりの木彫立像。12年に一度の御開帳のため普段は拝観できない」と書いてある。  (「116東京都板橋区西台、中台の寺社と石仏巡り-4- – 石仏散歩 – Gooブログ」より)]

板橋区西台 二つの不動尊 | 私家版 さいたまの石仏 – 楽天ブログ」、「板橋区西台・西台不動尊の石仏 ( 散歩 ) – 日々凡々、歩いて行こう – Yahoo …」

西台不動尊 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が西台不動尊参道口です。

カメラ北方向が西台不動尊です。

西台不動尊本堂前のカメラです。