西蓮寺

マーカーは西蓮寺です。

西蓮寺
[西蓮寺(さいれんじ)は、東京都北区志茂四丁目にある真言宗智山派の寺院。
同寺は、寺伝によれば鎌倉時代弘安年間(1278年 – 1288年)に、淳慶阿闍梨という僧によって開設された。
本尊阿弥陀如来で、聖徳太子の作と言われている(北区指定有形文化財)。ほかに運慶作と言われる毘沙門天像もある。
西蓮寺は志茂地域の代表的な寺院で、江戸時代には地域内に末寺3寺を擁していた(現在はいずれも廃寺)。現在では末寺の本尊も同寺で祀っている。
また、境内には11基の板碑(北区有形文化財)があるが、多くは鎌倉時代から室町時代にかけての作で、当時のこの地域の人々の信仰を示す貴重な史料である。
江戸時代には現在の東京都北区立岩淵小学校の前身となる寺子屋が当寺院内に開設されていた。
現在の本堂は、関東大震災後の1932年に再建され、1990年代に改修されたものである。その際に客殿、寺務所、庫裡等も新たに作られた。  (wikipedia・西蓮寺_(東京都北区)より)]

[白壁に囲まれた寺院で、境内には整備された庭園があります。除夜の鐘がつけるのも魅力です。
本尊は鎌倉初期に作られた、北区指定有形文化財の木造阿弥陀如来坐像で、 その他に室町時代の作といわれる毘沙門天像、熊野神社の御神体であった熊野三社権現像、 廃寺となった末寺2カ所の本尊が安置されています。また、板碑(供養塔の一種)も数多くあり、最古のものは鎌倉時代のものです。 歴史資料として北区の有形文化財として指定されています。
西蓮寺の別院、福聚観音はコンクリート打放しのモダンな建物です。 さんぽコースでもある道に面して建っていて、自動おみくじ機が設置されています。おみくじ機は100円玉を入れると、オブジェ風の歯車がグルグルと回り、おみくじが出てくるしかけになっています。  (「西蓮寺 | 東京都北区観光協会 – 北区観光ホームページ」より)]

西蓮寺板碑群 | 東京都北区

西蓮寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が西蓮寺山門です。

西蓮寺本堂前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*