遍照寺

マーカーは遍照寺です。

遍照寺
[江戸時代初期以前の創建とされる遍照寺(へんしょう-じ)は、江戸期にはその境内が馬つなぎ場となっていた。ここで開かれる馬市は明治40年(1907年)頃まで続いていた。寛政10年(1798年)建立の馬頭観音像が名残を留める。 江戸期の天台宗であった寺は廃仏毀釈時代の明治4年(1871年)に廃されたが、明治14年(1881年)旭不動冥途と称して成田山新栄講の道場となり、昭和22年(1947年)真言宗智山派成田山新勝寺末寺の寺院として再興。  (wikipedia・板橋宿より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [41]貮拾壹貞」(コマ番号2/10・地図中央付近に遍照寺が描かれています。)

真言宗 成田山 板橋遍照寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が遍照寺参道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*