飛鳥山

マーカーは飛鳥山です。

飛鳥山
[飛鳥山公園(あすかやまこうえん)は、東京都北区にある公園。JR王子駅に隣接するため、王子公園と呼ばれることもある。都内の桜の名所の一つ。江戸享保期に行楽地として整備され、明治6年(1873年)には上野公園などと共に日本最初の公園に指定された。園内に残る渋沢栄一の旧邸は国の重要文化財に指定されている。
徳川吉宗享保の改革の一環として整備・造成を行った公園として知られる。吉宗の治世の当時、江戸近辺の桜の名所は寛永寺程度しかなく、花見の時期は風紀が乱れた。このため、庶民が安心して花見ができる場所を求めたという。開放時には、吉宗自ら飛鳥山に宴席を設け、名所としてアピールを行った。園内に佐久間象山の桜賦碑、老農船津伝次平の碑などがある。「飛鳥山公園」の名の通り一帯は小高い丘になっているが、「飛鳥山」という名前は国土地理院地形図には記載されておらず、その標高も正確には測量されていなかった。北区では、「東京都で一番低い」とされる港区愛宕山(25.7メートル)よりも低い山ではないかとして、2006年に測量を行い、実際に愛宕山よりも低いことを確認したとしている(測量結果は公表していない)。北区は国土地理院に対し、飛鳥山を地形図に記載するよう要望したが採択されなかった。
園内の施設
飛鳥山3つの博物館
北区飛鳥山博物館(https://goo.gl/maps/JvoysBUJ4Zm) – 地域の郷土資料を展示する博物館。
紙の博物館(https://goo.gl/maps/aYpbuZnejSm) – 世界でも有数の紙専門の博物館。日本最初の洋紙工場だった旧王子製紙(1949年分割)の収蔵資料を引き継ぎ、1950年に製紙記念館として設立。1998年に飛鳥山公園内に移転。
渋沢史料館(https://goo.gl/maps/istUX9qu6p92) – 同地に本邸を構えていた実業家渋沢栄一に関する資料を収蔵展示する博物館。
旧渋沢家飛鳥山邸
●旧渋沢庭園 – 渋沢栄一の旧邸「曖依村荘(あいいそんそう)」跡の庭園。現存する2棟は共に「旧渋沢家飛鳥山邸」の名称で国の重要文化財に指定されている。建物の内部は毎週土曜日の午後のみ公開。
晩香廬(ばんこうろ)(https://goo.gl/maps/FrUsHmMNpeB2) – 1917年(大正6年)竣工
青淵文庫(せいえんぶんこ)(https://goo.gl/maps/CNnxRsrV5VL2) – 1925年(大正14年)竣工
石碑
●飛鳥山の碑(https://goo.gl/maps/ncTwEKGXhiT2) – 1737年(元文2年)建立。飛鳥山の由来を記したもの。あまりに難解な漢文であるため、江戸時代は読めない碑として知られた。
●桜賦の碑(https://goo.gl/maps/bsnwSnph4dq) – 1881年(明治14年)建立。佐久間象山の書いた「桜賦」を、門弟勝海舟の意で碑にしたもの。
●船津翁の碑(https://goo.gl/maps/zqwTyMsWZno) – 1899年(明治32年)建立。大久保利通の招きで駒場農学校農場監督となり、後に西ヶ原の農事試験場技師として農業の発展に努めた船津伝次平の功績を顕彰するもの。
飛鳥山の鳥瞰カメラ・wikipedia-photo、「歌川広重『名所江戸百景』より「飛鳥山北の眺望」。飛鳥山は江戸きっての花見スポットのひとつであった」・ 飛鳥山北の眺望wikipedia-photo  (wikipedia・飛鳥山公園より)]

[山名の由来は飛鳥明神社あすかみょうじんのやしろが祀られていたことによる。享保5(1720)年から8代将軍吉宗の命により、桜の苗木約1,000本、ツツジ、赤松、楓などの植樹が幕府によって行われ、庶民に開放された。花見の名所として多くの人々が訪れた。
江戸名所図会を読む:
   飛鳥山(本文)
   飛鳥山全図 飛鳥橋(挿絵)
   [飛鳥山全図] 其二(挿絵)
   [飛鳥橋](挿絵)
  [飛鳥橋] 其二(挿絵)  (「歌川 広重 初代 | 錦絵でたのしむ江戸の名所 – 国立国会図書館」-「飛鳥山 (あすかやま)」より)]

名所江戸百景[歌川(安藤)広重](飛鳥山北の眺望・wikipedia-photo)

飛鳥山公園ホームページ」 – 「飛鳥山公園 石碑・銅像等マップ

  
渋沢史料館
[渋沢史料館は、近代日本経済社会の基礎を築いた渋沢栄一[1840(天保11)~1931(昭和6)年、号は「青淵」(せいえん)]の思想と行動を顕彰する財団法人である 「渋沢青淵記念財団竜門社(現 公益財団法人 渋沢栄一記念財団)」の付属施設として、1982(昭和57)年、渋沢栄一の旧邸 「曖依村荘」跡(現在東京都北区飛鳥山公園の一部)に設立された登録博物館です。
 当初の渋沢史料館は、旧邸内に残る大正期の2つの建物「晩香廬」と「青淵文庫」(いずれも国指定重要文化財)を施設として開館しました。その後1998(平成10)年3月に本館を増設し、現在は下記3つの建物で運営しています。 諸資料の展示は本館で行っています。  (「施設概要|渋沢史料館|公益財団法人 渋沢栄一記念財団」より)]

施設概要|渋沢史料館|公益財団法人 渋沢栄一記念財団

文化財説明板桜の賦の碑 | 東京都北区」、「飛鳥山碑 | 東京都北区」、「文化財説明板船津翁の碑 | 東京都北区

飛鳥山公園の桜

あすかパークレール・公園入口駅 – Google Map 画像リンク」、「あすかパークレール – Google Map 画像リンク」、「あすかパークレール・山頂駅 – Google Map 画像リンク」、「飛鳥の小径 (紫陽花の道) – Google Map 画像リンク」、「桜の賦の碑 – Google Map 画像リンク」、「明治維新百年植樹記念碑 – Google Map 画像リンク」、「飛鳥山公園 – Google Map 画像リンク」、「紙の博物館 – Google Map 画像リンク」、「北区飛鳥山博物館 – Google Map 画像リンク」、「渋沢栄一旧居・曖依村荘跡 – Google Map 画像リンク」、「渋沢史料館 – Google Map 画像リンク」、「青淵文庫 – Google Map 画像リンク」、「晩香廬 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向が「飛鳥山公園モノレール」麓駅前のストリートビューで、カメラ南南東方向が歩行者通路です。

「飛鳥山公園モノレール」山頂駅前のストリートビューです。

飛鳥山公園・桜広場から多目的広場方向を見たのストリートビューです。

飛鳥山公園・多目的広場のストリートビューです。

飛鳥山公園・自動広場のストリートビューです。

飛鳥山資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 巣鴨絵図」(絵図左上に飛鳥山が描かれています。)

「東都歳事記」・彼岸六阿弥陀詣其二.jpg(絵に平塚明神、王子・飛鳥山、王子権現、千住大橋が描かれている。)
東都歳事記. 巻之1-4,附録 / 斎藤月岑 編纂 ; 長谷川雪旦 図画 ; 松斎雪堤 補画」・「彼岸六阿弥陀詣其二」(2-7)

「江戸遊覧花暦」(飛鳥山景勝
江戸遊覧花暦. 巻之1-4 / 岡山鳥 編輯 ; [長谷川雪旦] [画]」・「飛鳥山景勝」(1-25)、「飛鳥山解説・左ページ2行目から」(1-26)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*