高岩寺(とげぬき地蔵)

マーカーは高岩寺です。

高岩寺(とげぬき地蔵)
[高岩寺(こうがんじ)は東京都豊島区巣鴨にある曹洞宗の寺院。山号は萬頂山。本尊は地蔵菩薩(延命地蔵)。一般にはとげぬき地蔵の通称で知られる。
慶長元年(1596年)、扶岳太助が江戸神田湯島に創建。のちに下谷屏風坂(現・岩倉高等学校)に移る。1891年(明治24年)、巣鴨に移転。1945年(昭和20年)、空襲で建物を全焼し、現本堂は1957年(昭和32年)に再建されたものである。高岩寺山門・wikipedia-photo
とげぬき地蔵の由来
江戸時代、武士の田付又四郎の妻が病に苦しみ、死に瀕していた。又四郎が、夢枕に立った地蔵菩薩のお告げにしたがい、地蔵の姿を印じた紙1万枚を川に流すと、その効験あってか妻の病が回復したという。これが寺で配布している「御影」の始まりであるとされる。その後、毛利家の女中が針を誤飲した際、地蔵菩薩の御影を飲み込んだ所、針を吐き出すことができ、吐き出した御影に針が刺さっていたという伝承もあり、「とげぬき地蔵」の通称はこれに由来する。そこから他の病気の治癒改善にも利益(りやく)があるとされ、現在に到るまでその利益を求めて高齢者を中心に参拝者が絶えない。
洗い観音
境内に立つ石造の聖観音(しょうかんのん)像で「洗い観音」と通称される。自身の治癒したい部分に相応する観音像の部分を洗う、または濡れタオルで拭くと利益があるという。かつては像の表面をタオルでなくたわしで擦っていたため、摩耗が激しく、2代目の像が製作された。現在の像は1992年(平成4年)に奉納されたもので、彫刻家・八柳尚樹の作。洗い観音像・wikipedia-photo  (wikipedia・高岩寺より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 下谷絵図」(絵図上方向右・寛永寺塔頭右に下谷屏風坂時代の高岩寺が描かれています。)

高岩寺(とげぬき地蔵) – Google Map 画像リンク」、「洗い観音 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が高岩寺山門です。

高岩寺本堂前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*