へび道(藍染川跡)

マーカーはカメラ位置です。

へび道(藍染川跡)
[文京区台東区の境の道路は、うねうねと蛇行している。この道は現在暗渠となっている藍染川の流路である。
 『新編武蔵風土記稿』によれば、水源は染井の内長池(現在の都営染井霊園の北側の低地)で、ここから西ヶ原へ、さらに、駒込村から根津谷に入る。不忍池から上野の山の三橋下(公園入口のところ)で忍川となり、三味線堀から隅田川に注ぐ。
 川の名は、上流から境川・谷戸川(谷田川)・藍染川などと呼ばれた。藍染の名の由来はいろいろある。染井から流れ出るから、川筋に染物屋があり川の色が藍色に染まっていたからなど。
 川は、水はけが悪くよく氾濫したので、大正10年(1921)から暗渠工事が始められ、現在流路の多くは台東区との区境の道路となっている。  昭和59年(1984) 文京区教育委員会  (「東京都文京区の歴史 – 藍染川と枇杷橋(合染橋)跡」より)]

雑学 藍染川
[へび道
川の流れに沿って道が曲がっているための俗称。または千駄木の七曲りとも。和可奈寿司の刑部正太郎さんが実際に数えたところでは十五曲がり。
区境
不忍通りが開通したのはようやく明治の中頃、それまでは藍染川ルートはまだ主要道だった。谷中と駒込をはじめ、各土地の間を流れるので境川(さかいがわ)ともいう。ここが本郷区と下谷区の区境になったのは明治二年。
大昔
川になる前、この根津、谷中の低地は東京湾の奥深い入江。上野台や本郷台は半島だった。のちに海水が後退して一筋の流れとして残った川が藍染川なのだ。
名の由来
上流に紺屋など藍染を業とする者が多かったとの説。水源が染井だからとの説。二つの川が合流するので逢初川とする説。これは遊郭のあった根津にはピッタリの粋な名です。
他称
道灌山下より上流では谷田川、谷戸川、境川、また近所の人は蜆川、螢川。谷中の萩寺宗林寺から川べりまでを昔、螢沢といった。
草の葉を落るより飛ぶ螢かな 芭蕉   (「谷根千3号 藍染川すとりーと・らいふ 全文掲載 – 谷根千ねっと」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 根岸谷中辺絵図」(絵図右下に描かれている水路が愛染川(谷田川)です。)

カメラ位置はへび道の南端です。へび道の北端は枇杷橋(合染橋)跡付近になる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*