南泉寺

マーカーは南泉寺です。

南泉寺
[臨済宗妙心寺派の南泉寺は瑞応山と号します。大愚(寛文9年1669年寂)が開山となり元和2年(1616)に創建、将軍徳川家光徳川家綱に仕えた老女岡野の遺言により貞享3年(1686)寺領30石の朱印状を拝領したといいます。大愚は東久留米米津寺を開山した臨済宗の名僧です。
美濃遠山氏の聖観音
山号を瑞応山と証する臨済宗妙心寺派の寺。元和2年(1616)徳川家から境内3200余坪を拝領し大愚が開創した。その後、将軍家光・家綱に仕えた老女岡野の遺言により貞享3年(1686)朱印地30石を賜った。
本堂内の木造聖観音立像は、美濃遠山氏の念持仏。厨子に遠山氏の家門、「遠山家 息心庵本尊、正観音菩薩、安政四年丁巳七月十日」の銘がある。上半身等に江戸期の補修が加えられているが、鎌倉期の作と推定される。その他。善光寺式阿弥陀三尊の一部と思われる銅造菩薩立像を所蔵。境内には、菅谷不動、講談師松林伯円の墓等がある。(荒川区教育委員会掲示より) (「猫のあしあと」より)]

資料リンク
江戸名所圖會. 卷之1-7 / 齋藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 畫圖」・「日暮里惣図其之二」(14-47)
日暮里惣図其之二(拡大図)

[其之二は見開きで、右ページ上から「経王寺」「七面宮」「長相寺」「宗林寺」が描かれ、左ページ上から「百観音」「養福寺」「人丸社」「南泉寺」が描かれています。「七面宮」が延命院で、「百観音」は養福寺です。また、「長相寺」は「長明寺」ではないかと思います。]

南泉寺 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が南泉寺山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*