小野照崎神社

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    小野照崎神社
    [小野篁を主祭神とし、相殿に菅原道真を祀る。852年(仁寿2年)この地の住民が上野照崎の地に小野篁を奉斎したのが起源と伝わる。寛永年間(1624-43)、寛永寺の建立のため幕府より移転を命じられ、現社地に遷座した。江戸末期、回向院より菅原道真自刻と伝わる像を迎えて相殿に祀り、江戸二十五天神の一つに数えられた。
    樋口一葉の「たけくらべ」に「小野照さま」の名で出ている。
    境内末社
    ●富士浅間神社(下谷坂本富士)
    ●御嶽神社
    ●三峰神社
    ●琴平神社
    ●庚申塚 – 日本三大庚申の一つ。
    ●稲荷神社
    ●織姫神社
    文化財
    ●下谷富士塚 – 小野照崎神社の敷地内にある富士塚。1828年(文政11年)建造。重要有形民俗文化財。毎年富士山の開山に合わせて6月30日と7月1日に一般の登拝出来る。
    「下谷坂本富士、普段は閉門しており登拝不可」・wikipedia-photo、登拝の様子(2015年7月1日)・wikipedia-photo、「富士塚に安置されている、修験道の開祖とされる役行者の像」・wikipedia-photo
    例大祭
    例大祭は毎年5月19日に一番近い土日に行われる。通常3年に一度本社神輿(神社のお神輿)が渡御される。間の年は「陰」と呼ばれ氏子15ヶ町の町会神輿が神社まで連合渡御される。ただし、皇族の即位やご誕生などの際は「陰」年でも本社神輿が渡御される場合がある。
    小野照崎神社拝殿・wikipedia-photo  (wikipedia・小野照崎神社より)]

    小野照崎神社ホームページ

    小野照崎神社資料リンク
    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 今戸箕輪浅草絵図」(絵図上中央付近・「門前」下に「小野照崎社」が描かれています。)

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「小野照崎明神社」(17-7)、「小野照崎明神社解説-1・左ページ左から2行目より」(17-6)、「小野照崎明神社解説-2・右ページ中程まで」(17-7)、「入谷庚申堂」(17-5)
    小野照崎明神社(拡大図)

    入谷庚申堂(拡大図)

    [小野照崎神社の境内にある庚申塚は、大阪の「大阪四天王寺 庚申堂」、京都の「大黒山金剛寺 庚申堂」と共に「日本三大庚申」と呼ばれ、信仰されていた「喜宝院 入谷庚申堂」から遷祀され、道案内の神「猿田彦命」を祀っています。全11基の塔のうち、最古のものは1647年(正保2年)に作られました。また、台座に「見ざる・聞かざる・云わざる」の三猿の像が掘られた青面金剛の塔は、聖徳太子作といわれる大阪市天王寺にある霊像を模造したものと伝えられています。  (「小野照崎神社の庚申塚 – TAITOおでかけナビ」より)]

    小野照崎神社 – Google Map 画像リンク」、「下谷坂本富士 – Google Map 画像リンク」、「浅間神社 – Google Map 画像リンク」、「織姫神社 – Google Map 画像リンク」、「三峯神社・御嶽神社 – Google Map 画像リンク

    カメラ北方向が小野照崎神社参道です。

    カメラ東南東方向が小野照崎神社西参道です。

    カメラ東方向が茅の輪くぐり開催中の小野照崎神社拝殿です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    *