徳川慶喜墓

マーカーは徳川慶喜墓です。

徳川慶喜墓
[東京都指定史跡
      徳川慶喜墓

  徳川慶喜(1837年 ~ 1913年)は、水戸藩徳川斉昭の第7子で、はじめは一橋徳川家を継いで、後見職として将軍家茂を補佐しました。
 慶応2年(1866年)、第15代将軍職を継ぎましたが、翌年、大政を奉還し慶応4年(1868年)正月に鳥羽伏見の戦いを起こして敗れ、江戸城を明け渡しました。
 復活することはなく、慶喜は江戸幕府のみならず、武家政権最後の征夷大将軍となりました。
  駿府に隠棲し、余生を過ごしますが、明治31年(1896年)には大政奉還以来30年ぶりに明治天皇に謁見しています。
 明治35年(1902年)には公爵を受爵。
 徳川宗家とは別に「徳川慶喜家」の創設を許され、貴族院議員にも就任しています。
 大正2年(1913年)11月22日に77歳で没しました。
  お墓は、間口3.6m、奥行き4.9mの切石土留を囲らした土壇の中央奥に径1.7m、高さ0.72mの玉石畳の基壇を築き、その上は葺石円墳状を成しています。

  平成22年3月 建設
                   東京都教育委員会  (「東京散歩日和~上野~」より)]

徳川慶喜終焉の地

徳川慶喜の墓 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は東京都谷中霊園事務所前で、カメラ東方向に徳川慶喜墓経路案内標識があります。経路案内に沿って進むと徳川慶喜墓があります。

カメラ北方向が徳川慶喜墓です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*