安楽寺

マーカーは安楽寺です。

国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」[江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。安反転表示した絵図四つ切右下・「谷山」と「桐ヶ谷」の間に安楽寺が描かれています。]

安楽寺
[天台宗寺院の安楽寺は、松園山宝林院と号し、竪者法印良珊(天正元年1573年寂)が開山したと伝えられます。赤坂山王(山王日枝神社)別当城琳寺末でしたが明治元年同寺廃寺に伴い、三田西蔵院末となり、さらに明治43年9月に他の同宗3ヶ寺(観音寺宝塔寺徳蔵寺)と共に比叡山延暦寺の直末となりました。
●新編武蔵風土記稿記述
(桐ヶ谷村)安楽寺
境内除地7畝、村の中央にあり。天台宗江戸麹町山王(山王日枝神社)別当城琳寺末、松園山宝林院と号す。開山は竪者法印良珊天正元年正月寂す。本堂5間に4間半。本尊三尊弥陀を安ず。坐像にて長3尺許。昔は不動尊を本尊とせしが、何の頃か紛失せし故今の本尊を建立せしと云。境内に池あり、萩あまた其邊に植ゆ。(新編武蔵風土記稿より)  (「安楽寺|品川区西五反田にある天台宗寺院 – 猫の足あと」より)]

安楽寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が安楽寺です。