ママ下湧水公園(矢川おんだし)

マーカーは「矢川おんだし」です。

ママ下湧水公園
[「ハケ」「ママ」の斜面地の多くは雑木林で覆われ、「ハケ下」、「ママ下」には湧水がみられる。特に有名なのは名水百選にも選ばれている国分寺市の「お鷹の道・真姿の池湧水群」である。これは国分寺崖線下の湧水であって、多摩川の支流である野川の源流のひとつとなっている。もうひとつ著名なのは、国立市の「ママ下湧水群」である。これは青柳崖線下の湧水であって、湧水量の多さとそれが今も稲作に用いられ、大都市近郊にありながら昔ながらの景観を生み出しているとともに多様な水辺の生物を涵養している点に価値がある。
「武蔵野公園から見た国分寺崖線。奥の木立がその崖面で、「ハケ」と通称される。」・wikipedia-photo、ママ下湧水群にほど近い農業用水の景観(国立市谷保)・wikipedia-photo  (wikipedia・武蔵野台地より)]

[都道20号線の東側では小川の南側に畑地があり、長閑な農風景を見せる。畑地と小川の間を辿ってゆくと、北側から流れ出てきた矢川に行く手を遮られる。清水川は矢川と共に畑地を貫くように南へ流れ、府中用水の支流である谷保分水に合流する。この辺りが「矢川おんだし」と呼ばれるところだ。「おんだし」とは「押し出し」の意味だ。「矢川おんだし」で矢川の流れは谷保分水にほぼ直角に合流しており、青柳崖線の緑を背景にした景観はなかなか特徴的で美しい。  (「佳景探訪 – ママ下湧水と矢川おんだし (東京都国立市)」より)]

東京都国立市「ママ下湧水」と「矢川おんだし」って何? | 東京都 | トラベ

ママ下湧水公園 – Google Map 画像リンク

矢川おんだしのカメラで、カメラ東北東方向左がママ下湧水からの清水川、右が矢川で、カメラ南方向で府中用水の支流である谷保分水に合流しています。

谷保分水との合流点からのカメラです。