一里塚子育地蔵尊・「ふじ大山道」の道標

マーカーは一里塚子育地蔵尊・「ふじ大山道」の道標です。

一里塚子育地蔵尊・「ふじ大山道」の道標
[環八通りに面して「六十六部供養塔(安永三年(1774) 造立)」「 新旧二体の地蔵尊」などが収められている小堂がありました。
 左脇には、「ふじ大山道」と彫られた道標の石碑があります。
 ここは、志村から計って一里の位置にあるため「一里塚子育地蔵」といいます。  (「ふじ大山道巡り 1」より)]

[用件を終えて帰ろうとしていたときに、沈む夕陽が見渡せる場所を探していて見つけた物件。
解説板には、「ふじ大山道」とあり、それらしき道標があるが、傍らには子育て地蔵尊が。
祠の中の奉納された額によれば、「一里塚子育地蔵尊」とのことで、昭和六二年四月吉祥日に、環状八号線拡張に伴い、移転されたものらしい。  (「練馬区、中野区の路傍にあるもの – 想像してみよう、その光景を (仮題)」より)]

[ふじ大山道
 ふじ大山道は、大山街道、富士街道、道者街道ともよばれています。それは阿夫利山ともいわれた大山(神奈川県)へ、また大山から富士山への道者たちが通ったからです。
 この街道は、北町一丁目で旧川越街道から分かれて、石神井田無を経て神奈川県伊勢崎市に達していました。練馬の中央部をほぼ東から西南に横断し、区内では約八キロメートルに及んでいます。旧川越街道との分岐点には「従是(これより)大山道」と刻んだ道しるべ(道標)が建てられました。
 旧暦の六月は、俗に祭月とよばれているように、江戸や関東の各地では、祭礼が盛んに行われました。阿夫利山も「水の無い月に雨降る山は開き」とあるように、六月二十八日は初山で、それから七月十四日まで、連日、関東の々から集まった大山講富士講の人々でにぎわいました。その道者たちが通ったのがこの街道です。
 平成二十一年三月
             練馬区教育委員会  (「古墳なう 「練馬区内の一里塚」」より)]

つれづれなるままに・・・2005-05-28 一里塚子育て地蔵尊

ふじ大山道道標・一里塚子育地蔵 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が一里塚子育地蔵尊で、その左に「ふじ大山道」の道標の石碑と説明板があります。

一里塚子育地蔵尊・「ふじ大山道」の道標(Google Map 画像)

「ふじ大山道」の道標案内板(Google Map 画像)