三千人塚

マーカーは三千人塚です。

三千人塚
[東京都指定史跡
 三 千 人 塚
       所在地 府中市矢崎町二丁目二十一番二号
       指 定 平成十七年二月二十二日
 三千人塚は、江戸時代の地誌「武蔵名勝図絵」などにも紹介されている由緒ある塚です。塚の上には、多摩地区最古となる康元元年(一二五六)の板碑が建ててあり、「板碑の立つ塚」として、昔から注目されてきました。
 昭和三十年に地元の郷土史家により、この塚の西側が発掘調査され、鎌倉時代から南北朝時代の蔵骨器(四個)が出土しています。
 平成十七年に学術調査を行ったところ、塚の東側から、石にお経の文字を写した「礫石経」が大量に出土しました。この調査により、現存の塚の高まりは、元弘三年(一三三三)の分倍河原の合戦で亡くなった三千人の戦死者を埋葬したという伝承とは関係がなく、江戸時代に造られたものであることがわかりました。
 三千人塚は、鎌倉時代から室町時代の在地の有力者一族による小さな塚(墓)の点在した場所が、江戸時代には信仰の対象となり、地元の文化財として今日まで大切にされてきたといえます
 平成十八年三月一日
                  東京都教育委員会  (「「三千人塚(石仏塚)」 ー東京都指定史跡ー – 古墳なう」より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「分倍河原陣街道 首塚 胴塚」(10-14・左ページ)、「分倍河原 三千人塚 陣街道解説」(10-15)
分倍河原陣街道 首塚 胴塚(拡大図)

三千人塚 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向が三千人塚で、塚上に板碑とエノキが見えます。