境南町の庚申塔

マーカーは境南町の庚申塔です。

境南町の庚申塔
[このお堂に安置されている庚申塔は、私たちの先祖がこの地を開墾したころの、宝暦二年(1752)に建立されたものです。それ以来、村の人々が五穀豊穣と健康で災いなく幸福に暮らせるように、願いをこめて受け継がれてきたものであります。
 この庚申塔は、青面金剛(しょうめんこんごう)立像で、彫刻の美しさと、民俗文化としての講が長く受け継がれていることにより、昭和五十七年三月武蔵野市文化財に指定されました。
 御祭神は、猿田彦大神で、例祭は十月十三日であります。
 庚申堂は、昭和七年十一月に新しく建てられ、さらに、昭和三十九年に屋根を銅板に葺き替え、このたび庚申堂基礎修復工事ならびに、建物補修と玉垣改修などをしたものであります。住みよいまちに発展した中に、数少ない昔をしのぶ文化財として、大切にしていきたいと念願しています。
    平成十一年八月  庚申講中  (「境南町の庚申塔 – 武蔵境散歩道 – Gooブログ」より)]

境南町の庚申塔 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が境南町の庚申塔です。

境南町の庚申塔(Google Map 画像)

境南町の庚申塔(Google Map 画像)