早宮3丁目地蔵群

マーカーは早宮3丁目地蔵群です。

早宮3丁目地蔵群
[練馬区早宮3丁目9番地に石仏石塔が無造作に並べられている空き地があり、道路側には5基の石仏が横並びになっている。左端の舟型の地蔵菩薩享保4年(1719)12月の造立で、基壇正面には「奉造立地蔵尊」とあり、側面には「武刕豊嶋郡 下練馬之内早淵」と書かれている。その隣の小さな丸彫地蔵は何も書かれておらず不明。三番目の丸彫地蔵は、明和4年(1767)9月の造立。正面には「南無地蔵大菩薩」とあり念仏講中による建立。その右の少し背の高い舟型地蔵菩薩は安永8年(1779)10月の造立。「奉造立地蔵大菩薩」と正面にあり、脇には「念仏講中 下練馬村早淵 願主秋岸」と書かれていた。一番右にあるのが笠付角柱型の庚申塔である。文字塔の下部に三猿が彫られている。その上には「庚申待衆」とあり、「武刕豊嶋郡下練馬早渕村」の銘がある。造立年は寛文5年(1665)2月と古いもの。  (「空き地の石仏群(練馬区早宮) – ぼのぼのぶろぐ – ココログ」より。)]

早宮3丁目墓地及び地蔵群 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が早宮3丁目地蔵群です。前列に並ぶ地蔵は上記サイトにきじゅつされています。、

早宮3丁目地蔵群(Google Map 画像)

早宮3丁目地蔵群 – 笠付角柱型庚申塔(Google Map 画像)