是政八幡神社

マーカーは是政八幡神社です。

是政八幡神社
[天正8年(1590)、高橋兵部丞吉次(たかはしひょうぶのしょうよしつぐ)が京都石清水八幡宮の分霊を迎えお祀りしたのが始まりと伝えられる古社です。境内には府中の名木百選に選ばれたけやきの大木が悠然と枝を伸ばしています。  (「府中観光協会 – 是政八幡神社」より)]

井田是政
[井田 是政(いだこれまさ)は、日本の武士であり、地名に残る開拓を行った領主。北条氏照の家臣であり、主君の自害後に現在の東京都府中市是政の地(古くは「横山村」)を開拓し村を開いた。この功績により、この地に名が付いた。
東京競馬場第3コーナー付近の通称「大欅」のところに井田一族の墓(是政塚)があり、この墓からは鎌倉室町時代板碑が出土している。
開拓された地の地名は「是政」と付けられた。武蔵国多摩郡是政村(江戸時代 – 1899年)、多磨村是政(1899年 – 1954年)となり、府中市施行によりこの多磨村は府中町(府中駅)や西府村と合併、府中市是政となった。  (wikipedia・井田是政より)]

是政八幡神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が是政八幡神社です。

是政八幡神社拝殿前のカメラです。