是政六地蔵・六地蔵由来碑

マーカーは是政六地蔵です。

是政六地蔵・六地蔵由来碑
[府中街道から東に分かれる是政街道と、ミチヤ街道(学校道ともいう)の分かれる分岐点に、この六地蔵が建っています。街道沿いの道辻に建つ石仏には、道の行先などを示す道標の役割を兼ねた庚申塔馬頭観音、そして道祖神などがありますが、このように道辻に建つ六地蔵は府中では他に例がありません。
すべての生あるもの(衆生)の生前の業因の度合によって、地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅(阿修羅)道、人間道、天道までの六つの迷いの世界(六道)がありますが、この生死を操り返す六道のそれぞれにあって、衆生の苦悩を救済するという六種の地蔵菩薩が六地蔵です。
この六地蔵に、人々は旅の安全を祈り、また幼くして亡くした子供の霊を慰め、そして念仏講を組織し、講中や村中で祈願することにより、来世の安穏を願ったことが、この六地蔵に刻まれた銘文から窺われるのです。  (「六地蔵 由来碑 – Monumento(モニュメント)」より)]

六地蔵 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が是政六地蔵・六地蔵由来碑です。

是政六地蔵・六地蔵由来碑(Google Map 画像)

是政六地蔵(Google Map 画像)