本多八幡神社

マーカーは本多八幡神社です。

本多八幡神社
[本多八幡神社の由緒
本多八幡神社が創建されたのが、1734年と言われています。当時、本田新田が開発された年に石清水八幡宮を勧請し、新田の鎮守として創建されています。北多摩神社誌によると、祭祀は別当職祥応寺に司祭されていましたが、明治維新神仏分離令によって、宮司の祖星野神職の家に継がれとされています。明治十八年の不慮の出火によって、社殿が焼失してしまっていますが、昭和五十年二月氏子崇敬者などにより、コンクリートと八幡尽造りにて竣工しました。現在の本多八幡神社は、祥応寺の西隣に位置しています。実は、同神社は1736年の勧請とされており、国分寺村八幡神社が模されたものとも言われています。
本多八幡神社祭礼
本多八幡神社の最大の魅力といえば、本多八幡神社祭礼です。本多八幡様を祀るお祭りであり、毎年9月の第2土曜、日曜に開催されています。当日は地域住民の方はもちろん、多方面から大勢の人々で賑わい、境内はとても華やかな雰囲気に包まれます。神輿のパレードをはじめ、参加者全員で行う御本社神輿の宮出し、盆踊りなどが行われており、とても賑やかな2日間となるようです。地域の方々に愛される大切な場所として、守られている本多八幡神社。国分寺の持つ、人と街の魅力を凝縮したような場所となっているのです。  (「[国分寺のおさんぽスポット] 本多八幡神社 -【国分寺物語】」より)]

本多八幡神社手水舎 – Google Map 画像リンク」、「本多八幡神社の力石 – Google Map 画像リンク」、「本多八幡神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が本多八幡神社参道です。

本多八幡神社拝殿前のカメラです。