本宿常夜燈

マーカーは本宿常夜燈です。

本宿常夜燈
[由来書
 甲州街道は往古水田地帯を通過していた。その古街道が廃され現在の街道と家並みが出来たのは17世紀半ば、慶安から寛文の頃であった。しかし台地は水に乏しく人々は度重なる火災に苦しんだと云う。
つに本宿村では「講」を作り遠江の秋葉神社で「火伏せ」の祈祷をなし、寛政4年(1792)、この地に常夜燈を設けた。
 村内に「番帖」講中の氏名を列記した木板を廻し毎夕刻受領者は必ずこの燈籠に火を点けて無事を祈り隣へと引きついだ。
 爾来1世紀半に亘り村人の祈りは続けられたが太平洋戦争末期、灯火管制が強化されて廃止となった。
 このたび都道新設等により旧地隣接の場所に移転したものである。
                                             平成2年2月  (「府中~日野~横山(八王子)。その3。(「甲州街道」をゆく。第2 … – Goo ブログ」より)]

カメラ南南西方向に本宿常夜燈が設置されています。