松連寺(百草園)

マーカーは百草園です。

百草園
[百草園(もぐさえん)は、多摩丘陵の一角である東京都日野市百草560番地に所在する庭園。1957年からは、京王電鉄が所有しているため、正式名称を京王百草園(けいおうもぐさえん)という。
園内には、若山牧水の歌碑、松尾芭蕉句碑などがある。園内にウメが約800本と多く、梅の名所としても知られ、毎年2 – 3月に梅まつりが開かれる。
園内は多西吉富郷に比定され、鎌倉時代の関東御祈祷所である真慈悲寺は近在にあったと考えられている。
沿革
享保年間:寿昌院殿慈覚元長尼が松連寺を再建し、それに伴い百草園が造営される。
明治初期:松連寺は廃寺。百草園は地元出身の生糸商人が所有。
●1957年:京王帝都電鉄(現・京王電鉄)に移管。
正門・wikipedia-photo

松連庵・wikipedia-photo

園内風景・wikipedia-photo

「梅まつり」開催中の梅林・wikipedia-photo

  (wikipedia・百草園より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「茂草 松連寺」(10-39)、「茂草 松連寺解説-1・右ページ中程より」(10-38)、「茂草 松連寺解説-2」(10-40)、「茂草 松連寺解説-3」(10-41)
茂草 松連寺(拡大図)

京王百草園 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が百草園入口です。

梅の季節の百草園庭園のカメラです。