武蔵国府八幡宮

マーカーは武蔵国府八幡宮です。

武蔵国府八幡宮
[武蔵国府八幡宮(むさしのこくふはちまんぐう)・八幡神社・府中八幡宮とは、東京都府中市八幡町に位置する神社であり、一国一社の八幡宮、武蔵国国府八幡宮である。六所八幡神社。
総社は、当社より西側にある大國魂神社
大國魂神社の所管社であり、当時の「武蔵国」の守護神として建立されたので「武蔵国府八幡宮」と称されている。
二の鳥居は、1955年に京王帝都電鉄から奉納されたもの。東方5分程にある東府中駅の代わりに当社より北へ2分程の所に「八幡前駅」という駅がかつてあり、つながりは深い。
神輿は、1934年作成の二之宮神輿である。太鼓は、大国魂神社の先代二之宮太鼓。山車は、昭和26年製作で、流派は船橋流。
八幡宮周辺は江戸名所図会に描かれている(三巻 368 府中 八幡むら 八幡宮)
参道
神社の入口は旧甲州街道に北面しており、「武蔵国府八幡宮」と記された石碑と石灯篭そして一の鳥居がある。また「武蔵府中郷土かるた」の標識がある。 長い参道を南へ進むと半ばに踏切があり、京王競馬場線が横切っている。踏切を渡ると京王電鉄が奉納した二の鳥居と立派な門がある。さらに進んで左(東方)へ折れるとすぐ三の鳥居と手水舎がある。その先右手に社務所、正面に灯篭、狛犬、拝殿がある。本殿は西向きになっている。周りは杉などの鬱蒼とした林に囲まれている。
旧甲州街道からの入口・wikipedia-photo

一の鳥居・wikipedia-photo

参道の京王競馬場線踏切。・wikipedia-photo

二の鳥居・wikipedia-photo

神門・wikipedia-photo

武蔵国府八幡宮拝所・wikipedia-photo

本殿・wikipedia-photo

  (wikipedia・武蔵国府八幡宮より)]

武蔵国府八幡宮資料リンク
江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「府中八むら八幡宮」(9-42)、「八幡宮解説・左ページ5行目から」(9-43)
府中八むら八幡宮(拡大図)

武蔵国府八幡宮 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が武蔵国府八幡宮一の鳥居です。

カメラ南南西方向が武蔵国府八幡宮二の鳥居です。

武蔵国府八幡宮神門前のカメラです。