武蔵野稲荷神社

マーカーは武蔵野稲荷神社です。

 

武蔵野稲荷神社
[鎮座の年代は不詳。現在、本殿の建っている小高い塚は、瓢箪塚あるいは割塚(後が二個に割れているところから)とも言われた(明治初年の地図による)。また文明9年(1477)、江古田・沼袋の戦太田道灌によって滅ぼされた豊島軍の死者を葬った豊島氏の塚との言い伝えもある。古い塚であることは確かで、その守りとして稲荷が祀られたと考えられる。塚には白狐が十数匹も棲んでいたので白狐塚とも言った。ある時死んだ子狐を埋めて供養し幼児がよく育つようにと祈ったのが子守塚だと言う。
明治、大正から昭和と、商家、歌舞伎役者、馬主、事業家等の信仰を集め、平成となった現在でも除災招福、病気平癒、商売繁昌の祈願が多い。弥栄天神は京都北野天満宮より勧請されたものである。
境内建造物は、大正7年(1918)建築の際儀殿を除いて、昭和50年から5ヶ年計画で、本殿、拝殿、鳥居、随神門と新築整備されたものである。その際、塚の後の割れている所は、本殿整備のため埋め戻された。手水舎は大黒が臼造りをしている珍しい作品である。
参道はサクラ、イチョウなどの落葉樹がトンネルのように茂り、春は花、秋は紅葉で彩られる。
なお、昔は「三の稲荷」とも言って、三の日の縁日が大変な人出で賑わったが、今は行われていない。(「練馬の神社」より)  (「武蔵野稲荷神社|練馬区栄町の神社 – 猫の足あと」より)]

武蔵野稲荷神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が武蔵野稲荷神社参道口です。

武蔵野稲荷神社拝殿前のカメラで、反転すると神門があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*