殿ヶ谷戸庭園

マーカーは殿ヶ谷戸庭園です。

武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡 – 国分寺市」案内マップ

殿ヶ谷戸庭園
[殿ヶ谷戸庭園(とのがやとていえん)は、東京都国分寺市にある有料の都立庭園である。園内は自然の地形を生かした回遊式庭園となっている。国の名勝に指定されている。
1913年(大正2年)から1915年(大正4年)にかけて、江口定条の別荘として庭師・仙石の手で作庭される。1929年(昭和4年)に三菱財閥創業家の岩崎彦弥太が別邸として買い取り、津田鑿の設計で洋風邸宅、数奇屋風の茶室(紅葉亭)などを追加整備した。昭和40年代に再開発計画が持ち上がったが、保存を求める住民運動をきっかけとして1974年(昭和49年)東京都が買収、公園として整備の後に1979年(昭和54年)4月より有料庭園として公開した。
国分寺崖線と呼ばれる段丘崖と豊富な湧水を巧みに生かして築かれた、回遊式林泉庭園である。様々な木々が植えられており、園内には池や周遊順路が存在し、カメラマンや地元住民、近隣で働く人間の憩いの場として利用される。
紅葉亭・wikipedia-photo、次郎弁天池・wikipedia-photo、竹林・wikipedia-photo  (wikipedia・殿ヶ谷戸庭園より)]

殿ヶ谷戸庭園ホームページ」 – 「殿ヶ谷戸庭園 バリアフリーマップ

旧岩崎家 別邸 – Google Map 画像リンク」、「殿ヶ谷戸庭園 – Google Map 画像リンク

殿ヶ谷戸庭園のストリートビューです。

殿ヶ谷戸庭園案内板前のストリートビューです。

旧岩崎家別邸前のストリートビューです。

茶室(紅葉亭)前のストリートビューです。

次郎弁天池の湧水地付近のストリートビューです。

殿ヶ谷戸庭園竹林のストリートビューです。