石神井氷川神社

マーカーは石神井氷川神社です。

石神井氷川神社
[この石神井氷川神社は、石神井郷の総鎮守社です。現在の町名では、石神井台から石神井町・上石神井・下石神井・立野町までを含む全域の鎮守(守り神)です。かつてはこの地域は、谷原・田中・上石神井・下石神井・関の五つの村からなっていました。本社はその各村民より、長きに渡りあつい崇敬を受けてきた神社なのです。今日なお、一般に「石神井のお氷川さま」呼ばれ、親しまれています。
氷川神社が石神井郷の総鎮守であったことは、『新編武蔵風土記稿』『江戸名所図絵』等の諸本に、その社名が明記せられていることからも分かります。また、現在する御手洗鉢(社殿の西側、末社の前にある石造りの鉢)にも、「石神井郷鎮守社」と刻まれています。
神社の創建は、古く室町時代に遡ります。
 社伝によれば、本社は室町時代応永年間(1394年-1428年)に、このあたりに勢力が大きかった豊嶋氏が、この地を護る石神井城の中に、城の守護神として祀ったのが創まりです。武蔵国一ノ宮である大宮氷川神社から御分霊を奉斎したのです。
 当時の豊嶋氏が治める領地の中心は、現在の池袋から豊島園遊園地のあたりであったと伝えられており(現在の「豊島区」という地名は豊嶋氏に由来するものです)、石神井城はその領地の西方を護る砦でありました。また同時に豊かにして貴重な水源地である、石神井池(現在の三宝時池)を護る意図もあったと伝えられています。
 しかし、やがて豊嶋氏は大田道灌に攻められ、善戦するもその甲斐なく退却を強いられました。そして遂に文明九年(一四七七)四月十八日、道灌により石神井城が攻略され、城主豊島泰経(やすつね)とその息女・照姫は池に身を投げて自害されたのです。石神井城落城とともに、栄華を誇った豊嶋氏は勢力を失ってしまいました。豊嶋氏滅亡の悲劇は、今も「黄金の鞍と照姫の伝説」として語り継がれています。石神井城落城後も氷川神社に対する村民の尊祟は篤く、鎮守の神として仰がれて現在に至っています。明治五年十一月に村社に列せられ、同七年四月に郷社に社格が昇格されました(終戦後からは社格制度は廃止されています)。
社殿は、本殿・拝殿ともに流造りです。拝殿は明治三十四年九月の落成。本殿は文政年間の建立と推測されるものでありましたが、老朽化が著しく、平成元年より境内整備事業により、社務所、幣殿と共に改修されました。
二千余坪の広い境内には老樹が生茂っています。隣接する石神井公園とともに、本社境内周辺は早くから東京の風致地区・ 禁猟区に指定されてきました。
 特に三宝寺池の沼沢植物群落は天然記念物にしていされています。鎮守の森には多くの鳥類・両生類・昆虫類等が生息しており、訪れる人は誰でも往昔の「武蔵野」の面影に触れることができるでしょう。  (「石神井 氷川神社ホームページ」より)]

石神井氷川神社ホームページ」 – 「行事・イベント

石神井台氷川神社 – 猫の足あと

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「三宝寺池 弁財天 氷川神社 石神井城址」(13-32)、「氷川明神解説」(13-33)、「石神井明神祠」(13-33)
三宝寺池 弁財天 氷川神社 石神井城址(拡大図)

[図会左ページに三宝寺池、下池中に弁財天、右ページ中程に氷川神社、下に城山が描かれています。]

石神井明神祠(拡大図)

カメラ北方向が石神井氷川神社参道です。

石神井氷川神社境内のカメラです。

カメラ北方向が石神井氷川神社拝殿です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*