石造庚申供養塔(上連雀)

マーカーは石造庚申供養塔(上連雀)です。

石造庚申供養塔(上連雀)
[三鷹市指定文化財 石造庚申供養塔(せきぞうこうしんくようとう)
種別 重宝
年代 享保14年(1729)
指定年月日 昭和53年(1978)5月8日
所在地 三鷹市上連雀1-2-1
 庚申信仰は中国から伝わり、平安時代の貴族社会に行われた。その後庶民の間に伝わった。近世になると、農村社会に庚申講が広まり庚申供養塔が建てられた。
 これは庚申塔 の建立が盛んなころのものである。
 農村が安定した時期で、人々の生活を反映しているかのように塔型も整っている。
平成4年(1992)7月31日
三鷹市教育委員会  (「三鷹市指定文化財 石造庚申供養塔(せきぞうこうしんくようとう …」より)]

「三鷹市上連雀・欅(けやき)橋際の石仏 ( 散歩 ) – 日々凡々、歩いて行こ」

石造庚申供養塔 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が石造庚申供養塔(上連雀)です。