練馬春日神社

マーカーは練馬春日神社です。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。

練馬春日神社
[春日神社(かすがじんじゃ)は、東京都練馬区春日町にある神社。所在地の町名「春日町」は、当社に由来する。
歴史
鎌倉時代 – 工藤祐宗(工藤祐経の孫)が、源頼朝に従って奥州合戦に向かう途中、自分の先祖の藤原氏の氏神である春日大社の祭神をここに勧請して、戦勝を祈願したのにはじまるという。
文明年間(1469年-1486年) – 練馬城主の豊島泰経は、一族の守護神として当社を深く崇敬した。豊島氏没落後、あとの城主海老名左近はここを居館の一部とした。
江戸時代 – 十羅刹女(じゅうらせつにょ)社と呼んでいた。
明治神仏分離で、十羅刹女社は隣の寿福寺へ、祭神は春日神社として祭られた。
春日神社・wikipedia-photo  (wikipedia・春日神社_(練馬区)より)]

春日神社|練馬区春日町の神社 – 猫の足あと

春日神社 – Google Map 画像リンク」、「ねりまの名木 春日神社のエノキ – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が練馬春日神社参道です。

練馬春日神社本殿前のカメラです。