貫井弁才天

マーカーは貫井弁才天です。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
地図を見ると、貫井川支流上流の周辺は1944年~1954年までの地図では湿地で描かれ、1965年~1968年地図から貫井中学校が描かれ宅地開発が進められたことがうかがえます。

貫井弁才天
[貫井川本流に戻って下っていこう。幅広の遊歩道となった暗渠を東へ進んでいくと、貫井中学校の南側に出る。ここでは暗渠は二つの道に挟まれた帯状の遊歩道と緑地帯になっている。
このあたりで「蕪ヶ谷戸」の谷底が最も広くなっている。中学校の敷地以北の一帯、谷戸を望む斜面からは、旧石器・縄文・弥生・奈良・平安・近世の各時代にわたる遺構や遺物が出土しているという。水の利がよく、古くから人が暮らしていたのだろう。
そして、右側のマンションの建っている一帯には、かつて「貫井池」「貫井の池」と呼ばれる湧水池があった。この池を潤していた湧水が、貫井の地名の由来となっているという。伝承としては、かつて一帯が水不足で苦しんでいたとき、弘法大師が訪れ、持っていた杖で地面を突くと、そこから泉が湧き出した、という日本各地によくありそうな由来譚が残っている。地面を貫いて湧き出した井で貫井というわけだ。一方で「ぬくい(貫井、温井)」は、地面から湧水が湧き出している地点を指すという地名だと言われている。同じ「貫井」では小金井市貫井が、湧水に恵まれた土地として有名で、貫井神社の湧水は現在でも野川の水源のひとつとなっている。
貫井池は大正末まであったというが、明治末の地図ではすでに湿地として描かれている。その後湧水は枯れ、池の跡地は水田や荒れ地、資材置き場といった変遷を辿り、70年代の一時期にはプールなどのレジャー施設もつくられていたらしい。現在はマンションが立ち並び、池を忍ぶ痕跡はまったくない。ただ一つ、かつて池の傍ら祀られていた水天宮が、後に紹介する円光院のわきに移設され現存しているという。

目白通りを越える辺りは谷戸のボトルネックとなっていて、通りを越えた先はもう石神井川の谷筋だ。暗渠沿いにちょっとした空き地があって、貫井弁財天と御嶽神社の祠が並んでいた。元禄年間の創設という。御嶽神社のほうはどこかから移設されてきたようだ。  (「貫井川の暗渠(川跡)を辿る(2)貫井川下流部 : 東京の水 2009 fragments」より)]

カメラ北東方向が貫井弁財天と御嶽神社の祠です。

カメラ南東方向に貫井池があったと言われています。